FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
手の位置(4)

きちんとセーフでセックスってのは常識なんだけど
色んな小説や体験談の読みすぎなんでしょうかね。

彼がゴムに手を伸ばした時に正直ホッとした。

あんな絵を描いてあるし
『ゴム着けて下さい』
って言えない雰囲気になってしまったらどうしようって思ってた。

でも、ホッとしたのはつかの間。
彼は俺の足の間に入り込んで、
ローションを俺と自分にたっぷり付けている。

準備は終わった。


そういや、フェラした時、違和感は なかったなぁ。
さすがに真珠とかないよね。
とか、余裕こきすぎ。

だけど、そんな余裕はチンポがケツに入った瞬間に吹っ飛んだ。

それまでは手順どおり誠実に、いたって普通な攻め方だったのに
彼のチンポもちょっと反りがあるくらいで普通サイズなのに
ケツに入った瞬間からビリビリと脳天まで突き抜けるような快感が
作り出される。

『えっ・・・なに?すげぇ、気持ちいい・・・』

その理由がわからないまま
作り出された快感に流されないよう
なんとかその流れを泳ごうと踏ん張るが
ケツがチンポになじんだタイミングで動き出され
あっという間に流されてしまった。

ゆっくりとした出し入れなのに
確実にケツの気持ちいいところに当たり
その当たる感覚がまた絶妙。

『あぁ・・・やべぇ・・・』

ケツからチンポに向かってあがってくる感覚は
間違いなくトコロテンの前兆。
その前兆の状態のままが一番好きな俺としては
なんとかその状態を維持したい。

見下ろすような姿勢で掘っていた彼が
俺に近づいてきた。

『キスしてくれるんだ・・・好きなんだよな、このタイミング』

ちょっとチンポの角度が変わったからか
少し余裕ができた。
彼の口唇の感触とケツで動くチンポの感触。

その二つの感触が身体の中でが絡み合っていき
心地よさに包まれる。
その心地よさを逃がさないようにと
彼の背中に手を回そうとして、ふと我に帰った。


こ、この絵、触れてもいいんでしょうか・・・w


色んな思いやなんかが込められているとも聞いた気がしたりして
そんな簡単に触れちゃダメな気がした。

『この広い背中。ギュってしたり指先でツツゥ・・・ってしたりしたいなぁ・・・』
とかなんとか考えるものの、やっぱり触れないww

もどかしい気持ちのまま、
やり場のなくなった手で彼の手を握りしめて
気持ちよさをなんとか伝え、心地よさに浸る。

と、その心地よさを突き破るように彼が腰の角度を変えてきた。
一気に駆け上がる快感。

「いっ・・・いいっ・・・すげぇ、気持ちいい」

「俺も気持ちええよ」

駆け上がってくる感覚を必死で抑えていたのに
彼に扱かれて、あえなく臨界点。

「だ・・だめ。いっちゃう」

「いってええよ」

「あぁぁ・・・いくぅぅぅ・・・」

「おっ・・・すげぇ。俺もいきそう。おぉぉ・・・いくぅっ」

早業でゴムを抜き取って
先に放出した俺の精子の上に撒き散らかされた彼の精子。

なんのとまどいもなく、上から被さってきてソフトなキス。
腹の部分の滑りの良さに放出された量の多さが感じ取れると
なんだか、余計にそれまでのセックスが気持ちよかったものと感じられる。

柔らかい表情で俺を見る彼を見て、ちょっと安心したもんだから
聞きたかった事が抑えられず
「ねぇ。これって触っちゃダメなもん?」
「あははw 別に構わんよ。」
「そーなんや。正常位の時に背中に手を回したかったけど躊躇ったんよ」
「気にせんでええのにww」
「いや。それは無理ww」

そんな感じで後からちょっとだけ触らせてもらって
簡単に説明してもらって、シャワータイム。

順番にシャワーを浴びたら結構いい時間。
「それじゃあ、帰りますか」
とどちらともなく言い出した雰囲気で帰路につく。

「また会えるかなぁ・・・」
「そうだね。機会があれば」
「んじゃ、また連絡下さいね」
「わかったよ」
「またね~」

こっちに来る機会があって、タイミングが合えば・・・
との事だったけど、まぁそれも「縁」なんだろう。

素敵な絵に出逢えただけでもよかったと思う事にしますか・・・。


ランキングに参加しています。
みんなのポチッとが書くパワーです。

『FC2ブログランキング』
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【10.15】 // # [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【10.16】 // # [編集] []
>秘密メッセージさん

堪能してもらえて光栄です♪
んと、質問の件ですが
ウケの気持ちいい所とタチが挿れた時に当たる場所が同じ場合
ジャストフィットって感じで今回みたいになる気がします。

長さももちろん関係あるとは思いますが
俺の場合は、『反り』が結構重要だったりしますねw
タチ側としては、なるべくツボ(前立腺)にあたるように
角度を考えながら掘るってのは技術かもしれません(笑)

もちろん、1人1人気持ちいい場所は違うので
俺がタチる時は、探りながら角度を調節したりするようにしてます♪

>秘密メッセージさん

ども、はじめまして<(_ _)>

手練手管の妙手って程ではないと思ってるのですが
こんな体験談でも、お役に立てるのなら、光栄です♪

きっと好奇心と探究心と相手の協力があれば
いくらでも精進できるのではないかと思いますが
俺の記事で役に立てる事があるのなら
どんどん参考にしていただけたら・・・と思いますw

また遊びに来てくださいね♪

P.S書いていただいたアドレスで足跡付けさせてもらいましたw
  あちらの方でもよろしくお願いしますね♪
【10.18】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【10.26】 // # [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/649-6a2b852b
CALENDER
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。