FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
忘れ物
その沈黙も計算なのか。
だとすれは相当のどSなんですけどねぇ。
でも、なんだか目つきが違う気がするんだよね。

俺の表情を見て楽しんでる様子じゃない。

堕としてくれるならトコトンお願いしたいんですけど
どうなんでしょう、まったく・・・

『迫る時間との戦い』
『返事が来るまでの時間』
『来るのか来ないのか』
『作戦コードは「焦らずゆっくり」』
『計算しなくてどうする』
『そのタイミングも嫌じゃない』
『展開を想像するだけでも』
『欲しいと言わせたい』

の続き。



「ねぇ・・・」
「ん?」
「挿れてほしい・・・(照」

本気で照れてる俺。
(少し屈辱感)

欲しいと言われたい思いとガマンできない思いが交錯した挙句
自分から口にした言葉で思いっきり照れてる。

「痛いかもよ」
「でも、ガンバルもん」
「そっか・・・ごめん」
「え?どうして??」

まさかそんなタイミングで謝られるとは思ってなかった。
もしかして俺の乱れっぷりにヒイてまった?
とか焦りつつ、話を続ける。

「あんまり俺の事タイプじゃなかったん?」
「いや、そういう訳じゃないんだよ。
俺がもともと挿入するのが好きじゃないんだ。」
「全然挿れた事ない訳じゃないんでしょ。」
「そりゃ、何度かは経験あるんだけどね。それに今日はゴムも持ってきてないし」
「そ、そうなんだ・・・(涙」

これ以上彼の上に跨ってるのも変かなぁと思って
もう一つの枕を持ってきて頭を乗せる。

「挿れたいとかはあんまり思わないって事なん?」
「そうやなぁ・・・色々あったし・・・」
と、彼の昔話を聞いてく。

デカマラで苦労した事。
バイセクシャルな事。
男に欲情する部分の事。

時折照れた表情を見せながら俺のツッコミに更に顔を赤らめて顔を伏せる様子。
そんな所に心をくすぐられつつ、彼の質問にも答えながら、世間話が続く。

会話のタイミングも好きな感じだし
あんまり自分の事を話す事の少ない俺だけど
いつもよりたくさん自分の事を話してる事に気付く。
こんな柔らかい雰囲気すげぇ久しぶりな気もする。

エッチな気分は随分と引いてきたけど
やっぱりキスしてるとイきたくなるし彼も反応してる。

「全然やりたくない訳じゃないんだよね。」
「うん。」
「んじゃ、今度は掘ってよ。」
「いいよ。」

そんな風に話を終わらせて、口唇を深く重ね合わせた。

ラブホテルまで来て掘られないってのは初めてだっけ・・・
とか思いつつも、タイプの人とスキンシップが取れるなら
それはそれで楽しいし気持ちいい。

太マラを触るたびに
『挿れたいなぁ・・・』
って思うけど、今日はガマンガマンと言い聞かせ
お互いの発射のタイミングを合わせていく。

彼が上になってチンポを重ね合わせて扱きあげる。
「あぁ・・・イキソウ」
「俺もイキソウだよ」
「一緒にイコウ」
「あぁ・・・イ、イ、イク」
「ううぅぅぅ・・・」

少し先にイった俺の精子の上に
彼の精子が降り注ぐ。

さすが金玉もデカイだけあって、量もすげぇw
俺のってどれだっけ?って思うくらいの大量の精子。

「ふぅ・・・」と息をついて、俺から身体をおろすと
手を伸ばしてティッシュで2人分を拭き取る。

「気持ちよかった^^」
「ほんと?でもほんとは挿れられたかったんでしょw」
「そりゃそうだけど、挿れられなくても十分気持ちよかったよ」
「よかった。」
「今度はゴム買ってきて、掘って下さいね」
「いいよw」

って感じで、その後も身の上話で花を咲かせてると
12時が近づいてきた。
泊まりの料金になるのもあるし
お互い明日も仕事って事で、
「そろそろ帰ろうか」
と言う彼に返事して、着替えていく。

「忘れ物はない?」
「うん、大丈夫」
「あるよ、アルアル」
「なに?」
とこっちを振り向いた彼に
思いっきり気持ちを込めてキスをする。



マタ アイタク ナァレ・・・


オレヲ スキニ ナァレ・・・



(続き書けるといいなぁ・・・)


ランキングに参加しています。
みんなのポチッとが書くパワーです。

『FC2ブログランキング』

そんなオチ??

期待し過ぎた…_| ̄|○

でも、まだチャンスは無いわけじゃないし♪
一志さんの甘ーい呪文の効果が、早く表れます様に(-人-)
【09.15】 URL // 涼 #dS5vVngc [編集] []
何かお互いスッゴイ可愛いですね
素敵な恋愛に発展すれば良いなって思うんですが
一志さん挿入れて貰いたいのは山々ですが次回のお楽しみって
事で頑張ってよね期待してます!
【09.16】 URL // よし #- [編集] []
>涼くん

も、申し訳ない(汗
期待しちゃってたのは俺も同じww

次の機会に・・・とは思ってるのですが、なかなかタイミングが合わず・・・。
まぁ、メールが返ってこなくなった訳ではないので
期待しながら待つ事にします。
(また報告しますね)

>よしさん

可愛いってww(テレマスヤン

いい恋愛に発展してくれたらほんといいんでしょうけど
やっぱりこれもタイミングなのかもしれませんね。

向こうからはなかなか連絡が来ないので
頑張って連絡を取り続けようと思います。

みなさん太マラとの体験談待ってるでしょうし(笑)
【09.19】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/637-1d307ed7
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。