FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
いけることイケナイコト14

『早くベッドに行けよ』
って声が聞こえてくるようですが
焦らすのも焦らされるのも好きな一志です♪

エッチ中、目を閉じます?
俺はどっちかというと、閉じてる事が多かったりします。
視覚で楽しむタイプの人は、違うのかもしれません。
俺は触られてる感覚に集中したいからなんだと思ってます
そんなエッチの時のクセだったのかもしれませんが
彼の好きにさせるつもりで目を閉じた。

てっきり咥えてくるもんだと思っていた。



「お湯ちょっとぬるくなっちゃったかも」
って・・・(汗

おあずけを食らったのは俺ですかww

それが意図的なのか、天然なのか…
なんとなく天然な気がしてならない。
いや、むしろ天然であってくれって感じw
そうじゃなきゃ、目を閉じて待ってる俺がアホやん(汗

って事で
「まぁ2人でまったりするなら、ちょうどええんとちゃうw」
と、フェラを待ってたそぶりは悟られないようにしながら返事をして
彼の隣に座り込みお湯の温度を確かめる。

『ちょうどええんとちゃう』
とか言ったものの、思ってたよりも温度は低く
そういえば、低めの温度でお湯を入れた事を思い出した。

『ちぇっ。読みすぎてアダになったか・・・』
と反省しつつ
「さすがに低いよねw」
と言いながら、お湯を足して先に湯船に入りこむ。

「んじゃ、僕も・・・」
と言いながら向かい合わせに入る彼。

ちょっと狭い湯船に足のやり場がなく苦労してしまい
「こっちにおいでよ」
と彼を抱くようにして、なんとか2人で湯船に収まった。

程よく脂肪の乗った彼の身体は抱き心地がちょうど良く
普通の会話をしながら、身体を温めた。

「ちょっとのぼせてきたかも」
と言い出したのは彼。

俺もそろそろって思ってたタイミング。
「んじゃあがろっか」
と声を掛けて、冷ためのシャワーで身体を冷やしたあと
先にあがって彼を待った。


(続く…)


ランキングに参加しています。
みんなのポチッとが書くパワーです。

『FC2ブログランキング』
う~ん焦らすよなあ!一日二回の更新無理ですかねえ早くしてえ~待ってますよ。
【06.18】 URL // よし #- [編集] []
しゅーん... クライマックスはつぎなんですね...  って すごい 楽しみにしてますね 自分..w
【06.19】 URL // マル #- [編集] []
>よしさん

あはw
セックスでも2連発って体調と溜まり具合に左右されるので
いいとこ2日に1回が限界っす…(汗

まぁセックスとは関係ないんでしょうが
間隔を空けないようにしますので
もう少しお待ちくださいね。

>マルさん

いやぁ…(汗
まだまだ続きますよ(笑)

そりゃ、チュってして、サワサワってして、ペロってして、
グリグリってして、グッと入れて、ピュって感じなら
終われますが・・・(笑)

美味しいものは最後に食べるタイプの俺ですし
じっくりと書いていきますので
気長にお付き合い下さいねw
【06.20】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/598-7065aa62
CALENDER
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。