FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
第3ラウンド「湧き上がる気持ち」

「そろそろ溜まった頃だろうから、お風呂行こ」
そう言いながらけいとが僕から腕枕を外した。
「う・・・うん。」
ボクはまた少し眠っていたみたいだ。

SEXの後の余韻のまま眠りにつくのって
すごく心地いい。

【scene:12「繋がる快感」】のanother side

第3ラウンド「湧き上がる気持ち」




また少しボーっとしてしまった頭の中をすっきりさせるのに
タバコをふかしている僕に
「先に入っているよ」
と言って、先に風呂に向かったけいと。

手に取った携帯を見ると9時過ぎ。

確か起きたのが7時くらいで
1時間SEXしてたとしても1時間余る。
『そっか。けいともうたた寝しちゃったんだ』
そんな事を思いながらメールチェック。
メル友とFC2からのメールを確認したところで
ちょうどタバコを吸い終わった。

ほどよい疲れと心地よさが同居する身体を動かして風呂に向かう。

ドアを開けると、けいとが浴槽にのんびりと浸かってた。
「大きなお風呂でいいねぇ」
シャワーを頭からかぶる僕にそう告げたけいと。
「うん。だから僕もここのラブホ好きなんだ。」
と、言ったトコで、ハッと気付く。
「ふぅ~ん。始めて来た訳じゃないんだw」

しまったと思っても、もう遅い…(汗
「う・・・うん。まぁね…(汗」
「(含笑)」
でも、そうやってヤキモチを焼いてくれるのも悪くない。

「いいでしょ。こうやって2人で入っても余裕だし。」
そう言いながら浴槽に入る僕。
「うん。そうだね。」
向かい合わせに浴槽に入りながらの会話が続く。

会話の隙間にするキスも
触れる身体の感触も
浴室に響くけいとの声も
全部心地良く気持ちいい。

「身体洗おうか。」
そう言って先に出たけいとを追いかけて僕も浴槽からあがる。
先にボディーソープを手に取ったのは僕。
「洗ってあげる。」

僕を腕枕した腕の太さ
僕が顔を埋めた胸の筋肉
僕を抱えあげても余裕で支えた太もも
そしてプリプリのケツ

SEXの余韻を確かめるように石鹸を伸ばしていく。

最後にチンポを洗う。
さっきまで平常を保っていたチンポがまた大きくなっている。
「んふっ♪元気だね。」
「あははww 今度は僕が洗うよ。」
そう言って、ボディーソープを手に取るけいと。

「一志も十分元気やんw」
そう言ってチンポから洗い始めた。
『そりゃあ、これだけタイプの身体を触ればね』
とか思いつつ、けいとの手に身体を委ねる。

洗ってるのか、愛撫してるのかわからないような
その微妙な手の動きにまた湧き上がる感情。
背中を洗ってたけいとが後ろから僕に抱きつく。
ケツにあたるチンポ。

ヌルヌルとした感触が背中全体から快感を作り出し
割れ目に挿し込まれたチンポが僕を誘う。
狙いすましたように突き刺さるチンポが身体に飲み込まれ
タチバックのまま、また快感が次から次へと僕を包み込む。

快感に溺れながら、肝心な事を思い出した。
『ゴム着けてないやん』
溺れる身体を制止して、なんとかけいとから離れる。

生でやる事は確かに気持ちいいし
僕もそうしたいって思いが強い。
でも、さすがにそれは違う。

シャワーで石鹸を洗い流して、手扱きで発射。
ちょっと萎えた僕は発射しないまま、また2人で浴槽へ。
僕のその思いはうまく伝えられなかったかもしれないけど
これからちゃんとそんな関係を作って行きたい。
って思う気持ちはちゃんとあるんだよ。

のぼせる寸前まで二人で浴槽で話して浴室から出た。

「そろそろ出なきゃね。」
残念そうに言ったけいと。
僕も同じ思いだよ。

風呂から出てタバコすってジュース飲んで
テレビを見て、抱き合って…。

そんな普通の時間もすごく楽しかった。

料金を支払って、部屋を後にしたのは12時過ぎ。
「お腹空いたよね」
意見の合った二人でお気に入りのラーメン屋で空腹を満たす。

名残惜しいけどタイムリミットが僕らに訪れる。
「それじゃあ、またね。」
と窓から手を振ってくれたけいと。

ほんとは人目をはばからずキスをしたかったんだ。

「うん。気をつけて帰ってね。」
湧き上がる気持ちを抑えて手を振る。

「家に着いたらメール頂戴ね。」
そう打ったメールを送信して僕も帰路についた。



君から届くメールを待つのは今も同じ気持ちなんだよ。

あの時の気持ちはまだ君に残ってる?

どんな内容だっていいんだよ。

君からのメールが待ち遠しい。


(続く…)

ランキングに参加しています。
TOP10に戻れました♪ありがとうございます。

『FC2ブログランキング』
【2007.02.24】 LOVE or LUST // COMMENT(5) // TRACKBACK(0)
せつなさの加速度が増しているのが気のせいなら良いんだけど。

風呂といえば、こないだ赤ちゃんみたいな体勢で入りました(笑)。パパの上に座っているような←ソノマンマ
お勧めです。
【02.24】 URL // ルート #Z5GHyyj6 [編集] []
なんかすごく切ないです…(涙

めちゃくちゃ一志にぃさんと
色々な面で
ぴったりフィットした感じのある
けいとさんなだけに・・・

毎回まいかい
ジラされて先がきになるんだけど
今回ゎ
なんか、胸がしめつけられます。。。
【02.25】 URL // りぇ #- [編集] []
>ルートくん

ん~。せつなさの加速度かぁ・・・。
書いた時の気分によって、スピードと重さが違うかもしれないです。
どんなエンディングになるかは、今の僕にもわからないです。
現在に追いつくまではもう少し時間がかかるのですが
それまでに進展があるのかもわからない・・・。

赤ちゃん抱っこでお風呂っすか。
お姫さま抱っこよりもさらにプレイ度が高いですねw
今度試してみたいなぁ♪

>りぇちゃん

かなりフィット感はいいんですよね。
身体も、もちろん心も・・・。

切なさを感じて貰えるくらい読んでもらえて嬉しいよ。
でも、あんまり感情移入しすぎて引きずられないようにね。

ちょっとジラし過ぎ?
去年の秋冬の単発記事にこの先の展開のヒントがあるかもww
【02.25】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
別れ際はさみしいよね~
切ない感じ・・・
で、家に帰って一人になって。

だから一緒にいる時はその分ラブラブしちゃうんだけどね(*^_^*)

でも、「ここのラブホ好き」発言はやばかったね(汗)
気をつけて!(笑)
【02.26】 URL // kiki #- [編集] []
>kikiちゃん

ほんと、「あれっ。こんなに別れ際ってさみしかったっけ?」
って感じ・・・(汗

まだ一人暮らしじゃない分ちょっとは救われていたかも。
これが一人暮らしだったら・・・。

普段はこんなドジな発言はほとんどしないんだけど
今回はどこか舞い上がっていたんだろうね。
気をつけますww
【02.27】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/366-122ca675
CALENDER
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。