FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
第1ラウンド「余裕の表情」
『あんなさらっと書かれても困るっ!いつものエロはどこへ行った』
と不満の読者様へw

another sideって事で詳細を…(笑)

『Love or Lust』
(タイトルを押すとカテゴリーでまとめて読めます)

【scene:12「繋がる快感」】のanother side


第1ラウンド「余裕の表情」


『やっと繋がった』
それだけの事なのに、快感と相まって全身を駆け回る。
グッとけいとを引き寄せて、身体全体で熱さを感じ取った。

僕の身体がチンポに慣れるのを待っていたのか少しずつけいとが動き始めると
下から上がってくる快感にこらえきれず喘ぎ声が漏れ口唇が離れる。
けいとはそのタイミングで体を起こすと僕の足首を握り締め
徐々に腰の動きを大きくしていく。
キスしながら掘られていた浅い場所とは違って
深い場所までしっかりと到達し、押された奥のスイッチから
大きな快感が僕を襲う。

声で逃がしきれない快感にシーツを握りしめて
なんとか全身で受け止める。

けいとの両手で握られていた足首は肩に担がれ
僕の身体を折り曲げるようにしてさらに深くチンポが突き刺さる。
よがり狂う僕をみてかなり満足げなけいと。

肩に担がれていた足が下ろされたかと思ったら
背中に手を回されて、そのままグッと持ち上げられ、座位に・・・。

ふわぁ~っと宙に浮かんだような感覚が僕を襲い
その感覚が引くと同時にまた快感が駆け巡る。
目の前のけいとの身体を抱きしめてその快感の大きさを伝え
溢れそうな想いとともにキスで繋がる。

ベッドのスプリングを使って僕を上下させながら
出し入れされるチンポが作り出す快感に溺れ
ますます浮遊感が僕の中を支配する。

「しっかり捕まってろよ」
そう僕に告げたけいと。
快感と浮遊感でちゃんと聞き取れなかったくせに
「うん。」と返事した僕。

「いくぞ」
それはちゃんと聞こえた。
繋がったまま座位でベッドの上を移動して
ベッドから降りたけいとはいとも簡単に立ち上がる。

いきなりの駅弁に必死でしがみつく。
自分の重さでより深く突き刺さるけいとのチンポ。
僕の太ももの下を手で支えると
膝の屈伸に加えて上下動が僕を襲う。

快感で力が抜けそうになる。
けいとの首に回した腕と、腰に回した自分の足で
なんとかしがみつくものの、それ以上の快感が僕を襲ってくる。

ベッドの周りを半周したけいとは
降りた側とは反対側に辿り着き、腰掛ける。
「ふうぅ・・・」と大きく息を吐くとそのまま寝そべるけいと。
いつの間にか額にびっしりと汗をかいてる。
でも、そんなに息が荒れる事もなく僕を見つめてくる。

「確かに体重は重くないけど、余裕だね」
と告げる僕に
「あはw 一志くらいの体重ならいくらでも大丈夫だよ。」
と余裕の表情。

なんだか、僕ばっかり攻められるのって悔しいって思いが湧きあがるw
チャンスは今しかない。
繋がったままキスをすると、そのまま首筋から耳へ、
鎖骨に降りてきて、チクビへ口唇を動かす。

大きな胸にこじんまりとしたチクビが2つ。
反応良くないかなと思ったけど、かなりの感度やん♪
ビクッと身体全体で反応するけいと。
ますます調子に乗って両方のチクビを攻めていたが
ほどなく、僕の腰が掴まれて、下から突き上げられる。

そんな事されたらもうひとたまりもない。
「うわぁぁ・・・」と喘ぐ僕。
起き上がったけいとは体勢を入れ替えて再び正上位に戻る。

珍しく休む間もなくビンビンの僕のチンポを握りしめると
器用に腰を振りながら扱きあげる。
突き上げられる快感と扱かれる快感で一気に発射の準備が整ってしまう。

「だめっ。いっちゃうよ・・・。」
「いいよ。いっちゃえ。」
「ああっ・・・い、いくぅぅぅ・・・・」
「俺もいきそう。」
僕の発射を見届けると、けいとは僕から抜き去り跨ると自分で扱きあげる。
強い目線で僕を見つめながら、扱くけいと。
その目線にイった感覚がいつまでも続いているような感じ。

けいとの熱さをお腹でも感じる事ができ、すごく満たされた感じ。

「ふぅ・・・気持ちよかったぁ・・・」
と言いながら、僕の横に倒れ込むけいと。
伸ばした腕を僕の枕にして、抱きついた。

「すごい気持ちよかったよ。」
「俺も・・・」


けいとの腕に抱かれてのキスが気持ちいい


(第2ラウンドへ続く…w)


ランキングに参加しています。

『FC2ブログランキング』
【2007.02.21】 LOVE or LUST // COMMENT(5) // TRACKBACK(0)
ふふふ、やはりあっさりとは終わりませんでしたか(笑)         読んだ後、思わず「ごちそうさまです♪」って言っちゃいましたW                ムフフ、濃厚なえっちですね♪一志さんを軽々持ち上げるなんて、すごいですね!きゃ~けいとさん逞しい♪ エッ?第2ラウンドへと続くんですか? 鼻に紙つめて待機しときます(笑)( *´艸`)
【02.21】 URL // だびで携帯 #SEDte.sA [編集] []
うは♪
詳し~~~~~いanother side、ありがとうございます。
気持ちよさもだけど、その中にあるハートが伝わってくる感じ。
第2ラウンド、夜明けのむふふ・・・?
【02.22】 URL // コロン #9K54kpoI [編集] []
>だびでちゃん

うははww
(続きがいい?それとも・・・)
って書いた『繋がる快感』に誰も反応してくれなかったので
アップするのやめようかと拗ねてましたww

まぁ予想通り?(笑)の濃厚なエッチな訳ですよね(汗

よっこらしょって感じじゃなくってヒョイっと持ち上げられたので
かなりびっくりしちゃいましたw
さて、次は・・・(笑)

>コロンさん

イヒヒww

喜んで貰えると嬉しいです♪
気持ち良さはもちろんあるんですけど
やっぱりいつもとは違う感覚が僕を襲ってたようです。
きっとハートの問題なんでしょうね。
ほんと気持ちよかったもん。

で、第2ラウンドww
ムフフが続きます(笑)
【02.22】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
実は、あまり好きな体位じゃないです。僕みたいなチビ猿、簡単に抱えられるけど、なんか不安定で、全身で喜びを表現したい僕には、ちょっと苦手かな?
それに、かれも体位変えるのあまり好きじゃないの。じっくりヨガってる僕を観察したい系。って言うか、あんまりモタナイ…んだな?って、一志サンの彼氏サン達を見て、現実が分かった気がしました_| ̄|〇
お相手に恵まれて、素晴らしいです。
【02.22】 URL // 涼 #- [編集] []
>涼くん

僕もそんなに好きな体位じゃないよ。
気持ちよさをしっかり受け止めたいのに
自分の身体を支える事にも注意を払わなきゃいけないから
気が散っちゃうんだよね。

体位の変化かぁ…。どうだろ。
僕も相手の表情は見ていたい派なんで
顔が見えない体位の時は
「早く次へ…」って思っちゃうww
【02.24】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/364-8039e533
CALENDER
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。