FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
貯蓄残高
第2ラウンド中です。

これまでの話はここからどうぞ↓
『近況報告』
『何回使えるかって?』
『選んだラブホテル』
『先に手を出すのは・・・』
『スイッチはどこ?』
『アイコンタクト』
『その感じ、ヤバイ』
『駆け巡り、駆け上がる』
『次のポジション』
『照れた表情』
『手玉に取る?取られる?』
『リンクする動き』

騎乗位からの再スタート。
僕の好きな体位って事もあってノリノリ。
彼の目もイキイキしたまま。

心配していたケツも今の所大丈夫。

下から突き上げてくる彼の力は快感と相まって
僕の中を突き抜けていく・・・



2人の身体の動きのリズムがリンクし
更なる快感を僕に運んでくる。

彼の目は天井と僕を交互に見ながら
快感を掴もうとしているよう。

と、自由に僕の思うように動かさせてくれていた彼が
僕の腰を掴んで、自由を奪う。
ギュッと自分の腰に引き寄せて一番深い所まで僕の身体を貫くと
そこから、激しい突き上げが僕に押し寄せてきた。

ベッドのバネを十分に活用しつつ
僕の腰を掴んだ手も使ってバウンドするように上下させる。
毎回僕の深い所を突いてくる彼のチ○ポは
奥にあるスイッチを的確に押し続ける。

頭の中の白がさらに膨らんでいくような感覚が僕を襲う。
目を閉じて広がるはずの暗闇が白に変わり
遠くから強い光が僕を照らしているようにも感じる。


そして広がるあの感覚・・・


「ふあぁぁ・・・。も、もうダメ。いっちゃいそう・・・。」

幾度となく僕を襲った射精感だが
ついに大きな波が僕の下半身から上がってきた。

「いいぜ。思いっきりいっちゃえ。」

さらに強い力で僕を突き上げながら、僕のチ○ポを握りしめ扱きあげる。
ケツから上がってくる感覚とチ○ポで作られる感覚。

『ホラ アガッテキタ・・・』

「だ、だめぇ・・・。うおぉぉ・・・いくぅぅ・・・。」

パチンと頭の中で音が鳴った気がする。

その音と同時に噴き上がる・・・。
彼の腹の上に飛び散っていく。
出尽くすまで扱き続けていた彼の手が止まる。

「ふぅ・・・すげぇ・・・気持ちいい」
彼にそう告げ額の汗を拭う。
「いっぱい出たね。」
満足そうに笑顔で僕を見つめる彼。
『休憩かな?』そう思った僕は甘かった。

枕もとのタオルで、自分の手と腹の上をサッと拭き取ると
ガッチリと僕の腰がホールドされる。

発射の余韻が身体に残る僕は
彼が手を触れただけで
「あっ・・・んんっ」
と、声が漏れた。

それがスタートの合図。
どこにその体力が残っているのか。
どっちかと言うと華奢な部類に入るその体格のどこから
このパワーが生み出されるのやら・・・って感じww

これでもか・・・と言うくらい下から突き上げられた後は
一旦引っこ抜かれて、僕が下になり正常位へ。

消えかかっていた頭の中の白が再び僕の中に広がり
戻った景色もまた、白く塗りつぶされる。

フッと連れて行かれそうになる感覚と
身体を駆け巡る感覚。
カウントする事ができなくなった時間の感覚。

「おぉ・・・すげぇ・・・」
何度彼のその言葉が僕の耳に届いただろう。
「気持ちいい。俺もイきそう。」
そう告げると、ゴムを脱ぎ捨て、自分で扱きあげる。
「いけっ。いっちゃえ。」
「おぉ・・・いくうううううう・・・」
空を見つめたまま、僕の上に降り注ぐ。

『ホントに2発目かよ』
と疑いたくなるような量。

「すげぇ・・・きっもちいぃ~~~」
僕の目を見てそう告げると、どさっと布団の上に寝転がった。


(続く・・・)


ランキングに参加しています。
クリックありがとうございます。

『FC2ブログランキング』

【2007.01.24】 エロ // COMMENT(8) // TRACKBACK(0)
>『ホントに2発目かよ』と疑いたくなるような量。

 ・・・ってことは。
 まだ残ってるんですよね? お相手さんの『貯蓄残高』(笑)

 一志さんの残高の方は・・・???
【01.24】 URL // Ikuno Hiroshi #DXknpAqk [編集] []
ヘロヘロな一志さん、
最後はどうなるの??
ラストスパートまで、生きててね(笑)
【01.26】 URL // バシ #- [編集] []
お相手は、Y一クンですね?
ただ、違うとこは、僕の中で逝きたがる事です。
躯の奥…あそこですね。あそこ感じるようになったらヤバィですよね?プチ失神します。
蛇口の栓が固いんですね…。
漏らす漏らさないって、タチのテクよりネコの体質によるところが大きいみたいですよ。
彼は、喜びますけど。てか、目安にしてます。^^;
【01.26】 URL // 涼 #- [編集] []
>Ikuno Hiroshiさん

うははww
どうやらそのようです…(汗

ここまで連発可能な相手は始めてっす。
金玉を最初に見た時から、なんとなくは予感したんですけどね(笑)

僕の残高っすか。
僕はまず連射は無理っすね…(汗
最低でも2時間くらいは間隔を置きたいタイプです。

>バシさん

ほんと、もうヘロヘロっすよ。
最後はどうなるんでしょう。

もう、とことんまで彼の好きにさせたいって自虐的な思いが
なかった訳でも、ないんですよね。
やっぱり”M"の血が濃いんだと思います。
後は彼がどう出てくるか・・・です(笑)

>涼くん

あははww
それが本当だったらやばいやんw
でも、近い遺伝子を持ってるかもしれないね。

身体の奥にあるあのスイッチ。
なかなか押してくれる長さには出会う事ができません。
しかも、あそこって最初は痛みを伴うからね。
もう、失神するくらいやられてみたいものです。

漏れる体質ってのも憧れだよ。
まぁそれって貯蓄残高とも関係あるような気がするしねw
久々にトコロテンして喜ぶタチの顔を見てみたいな。
【01.26】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
奥は僕も最初痛くて苦手で、腰引いちゃってたけど、ある日とてつもなく感じちやって。男体の神秘?彼のはそんなに長くないから、僕の直腸の長さと合ってたのかな?
漏らす量はかなり少ないみたい。ピュッって出ないで、ダラーって感じ(てか、中盤からは判断能力ありません)他の人がどうなのか分からないから、一志サンの楽しみにしてたんだけどw
【01.26】 URL // 涼 #- [編集] []
>涼くん

あはw
まったく僕と一緒だね♪
まぁあそこの構造は男女ともそんなに変わらないと思うけどねw
やっぱりチンポの大きさも相性あるよねぇ。
ぴったりの人がいて羨ましい。

トコロテンかぁ…。
あれはあれで気持ちいいんだけどさぁ
なんだか出たぁ~って感じがしなくてスッキリしないやん。
だからこらえるようにしてたら、固くなっちゃったww

でもトコロテンって涼くんの感じだよ。
今度チャンスがあったらしっかり覚えておいて記事にするよww
【01.28】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
早いですね?今から寝るのかな?僕は訳合って起こされました。僕もまた寝ます。
トコロテンねぇ…。一番最初はオシッコ漏れそう!ヤバィ!って感じだったけど、なんか絶頂感ありましたよ。
で、その波をコントロールできる様になると、強烈な快感が味わえるよ。なんかね、躯がバラバラになる感じ?
こーゆーH描写は一志サンの専売特許だから、任せます!(僕のホムペから誘導してます)
最後は扱いて、搾り取ってもらいますけど…。
とにかくエクスタシーの虜になってるから、正直詳細は分からない(*_*)
一志先生、レポートお願いしますm(__)m
【01.28】 URL // 涼 #- [編集] []
寝ようか、寝まいか…悩んでますww
オシッコが漏れそうな感じはすごくわかるよ。
今はその次になかなかいけないんだ。
まぁそのもどかしさも快感の一つだから、それはそれで気持ちいいんだけどねw

身体がバラバラになる感じかぁ…。
どうだろ。
また違った感覚(快感)があるって事なんかなぁ。
チャンスがあればもう少し違ったアンテナで察知してみますww
ホムペでの宣伝ありがとね。
もう少しで全部読破できそうです♪

レポートの方は、まずは相手探しからですねww
『トコロテンさせてくれるバリタチ募集』
とでも書いて載せようかなぁww
【01.28】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/342-ad194d93
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。