FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
照れた表情
これまでの話はここからどうぞ↓
『近況報告』
『何回使えるかって?』
『選んだラブホテル』
『先に手を出すのは・・・』
『スイッチはどこ?』
『アイコンタクト』
『その感じ、ヤバイ』
『駆け巡り、駆け上がる』
『次のポジション』


確か『何度も・・・』って言ってたよね。
僕の感覚では、回数こなせる人は結構早めって思いがあった。
ツレと話した時も、『1発目は軽~く』って聞いてた。

なのに、1発目からかなり濃厚なsex。

そりゃ『トコトンタノシモウ』って思っているけど
この勢いで何ラウンドもできるのかどうかは疑問…(汗

まだ第1ラウンド中なんだよねw


『掘りたおされる』

まさにそんな言葉が正しい。
やられてる最中に、とことんまでやられたいって思い以外はない。

さんざんバックから自由自在に掘られて、声は枯れてきた。
身体中を駆け巡る感覚は消える事なく残り続け
押されたスイッチから広がる感覚は、漏れてる感じへと繋がる。

「ふぅ・・・」
そう、大きく息をつくと
「ケツ、大丈夫?」
と彼が聞いてきた。

ケツはまだまだ大丈夫な感じ。
動きが止まっても、身体にはまだ快感が残り続ける。
そんな悶えた状態で
「うん、大丈夫だよ。」
と、息も絶え絶えながらの返事。

「よかったw」
と、安堵の声と同時に、ケツからチ○ポが抜かれ身体をひっくり返される。
一息いれるのかと思いきや、彼の手にはローションのボトル。
火照ったケツに伝わる、冷たいローションの感覚。

それが冷める暇もなくチ○ポがケツに押し当てられる。

彼の大きさに馴染んだ僕のケツはポッカリと口をあけたまま。
そこになんの躊躇もなく、一番深くまで押し込まれた。
抜かれる時と、挿し込まれる時が、一番快感が広がる。

わかっていても抑えきれない感覚に、
「うわぁぁ・・・・」
と言う声が漏れ、彼に手を回して抱きしめる。

「気持ちいい?」
「うん。気持ちいいよ。」
「俺もすげぇ気持ちいい。」

その笑顔が消えぬ間に、また動き出す。
上半身を密着させたまま動く彼。
また新たな快感に溺れていく。

もうすでに時間の感覚なんてない。

身体を走り回る快感と
目に映る汗だくの男だけ。

そして、ただただケツから広がる快感に溺れた僕。

ふと彼の動きが止まる。
虚ろな瞳で彼を見る。
彼が照れた表情で僕を見下ろす。
そんなちょっと照れた表情にズキッとしてしまうやん。

「ねぇ、とりあえず1発いっていい?」

『ソ、ソンナ テレナクテ エエノニw』

「うん。いっちゃって・・・」

相変わらず息も絶え絶えの僕がなんとか伝えた台詞。
激しい掘り込みが来るのかと身構えていたが
あっさりと、僕の身体からチ○ポを抜き去る彼。
抜き取られた感覚に身悶えている間に彼は自分でゴムを外すと
僕の上に馬乗りになってチ○ポを扱きあげる。

『ソ、ソウクルカ・・・』

できれば繋がったままで、イってもらうのが一番好きなんだけど
飛ばすのが好きな人もいるもんね。

手を伸ばして、彼のチクビを弄っていると
「い、いくよ・・・」の声。

程なくして、僕の身体に降り注ぐ彼の精子。
下から見上げる、イく時の表情ってホントそそられる。

身体で感じる彼の精子の熱さがまた気持ちいい。

「ふぅぅ・・・」
大きく息を吐くと、彼が僕の横に寝そべって、ティッシュでそれをふき取ってくれた。

目が合う。

ほんのりと赤みを帯びた頬と、ちょっと照れた笑み。
もう、これだけでも、十分気持ちいい。

「ほんとに、ケツ大丈夫?」
と、心配してくれた彼に
「うん、大丈夫。」
と、笑顔で返事を返す・・・。


(続く…)


ランキングに参加しています。

『FC2ブログランキング』
【2007.01.14】 エロ // COMMENT(7) // TRACKBACK(0)
1ラウンド目終了あざっーす。1分間の休憩のインターバル後、勝負再開です。カーンみたいな(笑)。

今回は勝負というよりは、ある方の名言『ダンス』ってかんじかな。次の踊りの演目は何?
【01.14】 URL // ミン #Z5GHyyj6 [編集] []
やっぱり連投しちゃうw

責め倒されて、声も枯れるほど息絶え絶えになって。
意識ぶっ飛びそうになった頃、
「出していい?」
それまでのS声から一転して
苦しげに眉根を寄せながら。
その表情、好きよ。もっとよく見せて。

あぁぁぁぁっ!もうっ!
セックスの時のアタシの目線、
一志さんに乗っ取られたみたいだわw

第2ラウンドはどーなるのかしら。
まさか、あぁなってこぉなって・・
って、シミュレーションしちゃいそうよw
【01.15】 URL // 沙羅 #eHP7HEy2 [編集] []
きもちいいエッチ出来たのね~
安心できました。(*^_^*)

一志お兄ちゃん心配なんだも~ん!

【01.16】 URL // kiki #- [編集] []
気持ちもカラダもぴったりとツナガルって
なっかなかギャンブル状態☆
お互いカラダのツール(持ち物?)がよければそれがまた格別なのかと(^-^)お、大胆発言?!
合間合間に素顔の表情が見れると、カラダの快感と、心の響きがリンクして、絶頂★そう、一志さんその通り!っと共感しちゃいました。てへ。
【01.16】 URL // kanon #- [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【01.16】 // # [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【01.17】 // # [編集] []
>ミンさん

い、1分間っすか?ww
いくらなんでもそんなん無理っすよ。

せめて10分。出来る事なら30分くらいは・・・
ってとこなんですけどねぇ…(汗

僕の身体、ほんとどこまでもつんでしょうね。

ダンスかぁ・・・。
そんな意味だったんだww
次はゆったりしたダンスがいいんだけどなぁ(笑)

>沙羅さん

連投ありがとうございます。

その感覚すげぇわかります。
相手がイク時の表情ってほんといいですよね。
それが見たくて明るめの部屋にセッティングしちゃいますもんww

色んな快感のツボがあって
それが上手く絡み合ってイケた時って、ほんと気持ちいい。

さて、第2ラウンドはどうなるんでしょうねww

>kikiちゃん

えへっww
気持ちいいsexができました♪

なかなかそんな相手とは巡り会えないですからね。
楽しめそうと思った時は、たっぷり楽しまなきゃね。

なるべく心配させないようにしますww

>kanonさん

確かにそんな相手を見つけるのは、かなりのギャンブル。
かなり低い当選確率のような気がします。

お互いのツールってww
まぁ、持ってるものは限られてますから
それをいかに全て使ってリンクしていくか・・・ってのが難しいけど、楽しいw

ふとした素の表情って、料理に入れる一掴みの塩って感じで
ほんと欠かせない気がしますw

>秘密メッセージさん

ほんと忙しいようですね。
体調崩してたりしませんか?

僕の方はまぁ、ボチボチとって感じで
ブログの方ものんびりと続けていきますので
また暇な時にでも、お付き合いいただけると嬉しいです。

エロの期待にそえるよう、頑張って取材(笑)していきますので
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

>秘密メッセージさん

なにも、謝らなくってもいいじゃないっすか。
お互い様って気もしますし、そんな姿を見せてもらえた事がまた嬉しかったりしますから。

確かにバーチャルとリアル。
混ぜてしまって、抜け出せなくなるって話も聞いた事ありますが
そこは上手にその波に乗ってもらえたらなぁって思います。
でも、そうやって置き換えて攻められるってのも嬉しいっすよw

今の僕にはどうする事もできないですが
お付き合いいただける時間があるのなら
これまで通りブログでお付き合いいただけると嬉しいです。
【01.17】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/339-b1323c78
CALENDER
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。