FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
僕にできる事
最近すごく可愛がっていた部下の子が辞めたんです。





僕とすごく性格が似てる気がしてたんですよね。
しかも、ダメな部分が…(汗

数字に対しては結構強いから話は早く理解してくれるし
パチンコ好きってとこでも話が合った。

でも、彼はコミュニケーションがすごく苦手だった。
逆に僕はアルバイトの子とすぐに仲良くなれるタイプ。
いつまでたっても、アルバイトと仲良くなれない彼に対して
色々とアドバイスしてきた。

もう一つ、頭の回転の速い彼にとっては
出来の悪いアルバイトに対して、教育ができなかった。
教える事はできるんだ。
でも、その子達ができるようになるまで教えて育つまで待つ
って事ができなかった。

彼の中で溜まっていくストレス。

20そこそこで10何人のアルバイトを抱えて引っ張っていくってのは
大変な事は十分わかっている。
若いからこそ、高い壁にぶち当たって、よじ登る工夫をして
自分の実力にしていく事が、なにより自分の成長に繋がる。

人を成長させていく事で、自分も成長していく。
だからこそ、達成感もあるし、それが喜びに変える事ができる。
何度も何度もそんな話をした。

でも、ダメでした。

最後には
『一志さんと僕とは違いますから、できません。』
なんて、言われる始末。
『僕だって最初からできた訳じゃないんだよ。』
そう何度も話をしても、どうにもこうにもうまくいかない。

結局は彼を追い詰めてしまったんだろう。

どこかで歯車が狂ってしまったんだね。
すごく自分を責めてしまう。

何かの縁で出逢ったんだから
その縁を大切にして
お互い出逢えてよかったね。と言いたい。

それは僕がこの職場で常々思っている事。

同僚はそういう縁だったんだよ。
あんまり自分を責めちゃだめだよ。
その程度のやつだったって思えばええやん。

って言ってくれるんだ。
同僚が言いたい事はすごくわかる。
きっと、僕も同じ事を言っちゃうかもしれない。

でも、人には可能性があって。
それはその人一人ではなかなか出来ない事が
出会いの中で、それを見つけて、自分で達成していく。

だから、そうやって相手の事を決め付けちゃだめだって思うし
そう思ってしまった時点で、なにも相手に対してできなくなる気がするんだ。

『縁』

大好きな言葉だけど
時折僕を苦しめる言葉。


ランキングに参加しています。

ブログランキング

【2006.12.07】 日常 // COMMENT(10) // TRACKBACK(0)
一志さんっていい人だなあ…と思いました。(^^)
【12.07】 URL // テルミン #7Vwe54W6 [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【12.07】 // # [編集] []
人を気長に育てる度量を持つ奴に出会えるのは、なかなか無いもんです。自分も苦労してます。
男が故に、妙にこだわりが多いのかなと。

後輩もいつか、一志さんの気持ちに気付かされますよ、きっと。

【12.07】 URL // こう #- [編集] []
一志さんが変わらぬスタンスで、
一生懸命彼に接したことは、
彼が本当に活躍できる場で、
花開くのだと思います。
そういう「縁」もありじゃないかなー。
その時、そこにはもういないけど、
確実に影響を与え合うっていうか???
【12.07】 URL // バシ #- [編集] []
「縁」も大切なんですが
その縁をあるやなしやというのは
人の心の揺らめきと
ある程度運命というのも関与大有りと思うのです。
いつかきっと一志さんの気持ちを部下君も理解してくれる日がくるのではと思います。
【12.07】 URL // 蓮湖 #L8AeYI2M [編集] []
僕が今いる職場も比較的入れ替わりが多い職場です。
特に若い方は、
なかなか続かなくて退職される方も
少なくはありません。
また、昔気質というか
まだまだ保守的な仕事場であるため、
仕事は自分で盗むという雰囲気にあります。
ですから、その後輩さんに対する
真摯な対応をしてこられた一志さんの存在は
僕にとって言えば
大変羨ましくも思うわけです。

今ある環境から離れてみれば
見えることも
見つかることも
またあるわけで・・・。

分かったようなことを言ってしまっていますが、
一志さんの思いは
十二分に伝わっているのではないかと
思います。
きっと何かの時には
一志さんが言ってくれたことを
その後輩さんも
思い出して
また新たな場で自分を出して
磨いてくれるのではないかと思います。

今回の苦い経験は
一志さんの人生の糧と
なってくれているのであれば
僕にとっては嬉しいのですが・・・。

【12.07】 URL // カズ #- [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【12.08】 // # [編集] []
ホントに人を育てるって難しい。
年代が違うとなおさらだよ。押し付けることも出来ず、手放し状態にも出来ず・・・
最近いろいろあって職場に於ける教育の仕方や考え方などなど、これでいいのかぁ??と考える日々です。
人との”縁”・・・一番大事で、一番難しい。
でも、何らかの繋がりを持つことが出来たからには、続けて行きたいものです。
【12.08】 URL // トシ #- [編集] []
>テルミンさん

うははw
そんな直球で言われると照れるやないですかww
でも、そうやって言ってもらえるだけの事をできた自信は
まだまだ持てなさそうです。

>秘密メッセージさん

なるほどね。
自分の殻から抜け出せない。かぁ・・・。
確かにその気持ちはすごくわかります、恐怖もカッコ悪さも。

いつか、きっとわかってくれる日が来てくれる事を願ってやみませんが
できる事なら、僕と一緒にその日を迎えて欲しかった。
すごく残念な思いでいっぱいです。
これからの人生の中で少しでも役立ってくれればいいのですが…。

>こうさん

そんな度量を早く身に付けたいものですがなかなか難しいですよね。
気長に育てようと思っていたのですが
彼に対して出来る限りの事ができたのかと自分に問うと
そうとも言えない事がいくつも思い出されてしまって、またまた後悔の日々です。

こだわりを持つ事は大切やと思うんです。
若い子なんかは、仕事に対してこだわりが持てないから踏ん張れないんじゃないか
とも思ってたりします。
でも、仕事に対してこだわりがないだけで、こだわっている事って実は持ってるんですよね。
そんな所から、彼を変えていってあげたかったんですけど、残念です。

>バシさん

確かに、彼が開花するところはここじゃないのかなぁ・・・
と、思った事は何度もありました。
でも、彼が持っている能力で十分僕の職場でも頑張っていけると思ったんですよね。

まぁ、最終的にそれを決めるのは彼自身やと思いますし
僕が決め付けるのはおこがましいのかなぁとも考えてました。

僕と過ごした数年間が、彼にとって無駄じゃない事を願うばかりです。
【12.10】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
>蓮湖さん

確かに「運命」って言葉も頭をよぎってました。

人が変わる時。
『縁』も『運命』も『揺らめき』もすべてが上手く絡み合ってこそ
変わる事ができるのかなぁ・・・とも考えたりします。

それこそ、僕が関与できる所ではないような気もしますが
今この時がその瞬間なんだと考えて接しないと
そのタイミングを逃しちゃうような気がするんですよね。

うむぅ・・・ほんと難しい(汗

>カズさん

昔気質で、自分で仕事を盗むってのは確かに存在するし
僕が入社した頃はそんな雰囲気も少なからずありました。
でも会社も少しずつ変わってきたし、そんな接し方だけでは
若い子がなかなかついてこないって思うんですよね。

ほんとは自分から積極的に仕事を吸収していくって姿勢が
なによりも身に付くとは思うんですけどねぇ。

次の場所が彼に合った場所である事を願うばかりです。
何年か後に、『あぁ・・・こんな事昔いわれたなぁ』
って思い出してもらえればそれでいいかな。

>秘密メッセージくん

お待たせしましたw
別に精神的に参ってる訳ではないんですけど、ちょっと手が止まっちゃってるんです。
あの一文は深い意味はないよ。
でも「こんにゃろめ。また難しい質問してきたなぁ(汗』って感じではあるけど
決して迷惑だと思った事はないよ。
そうやって一つずつ自分に問いかけていく事は無駄じゃないと思うし
そのきっかけをくれたんだもん。むしろありがたい。

彼と自分は違う人だって何度も思ったよ。でも、同じ人間やん。
そんな難しい事言ってる訳じゃないんだから
なんとか自分の物にして欲しかったんだよね。
彼にとって無駄な時間じゃなかった事を願います。

>トシさん

トシさんも同じような悩みを持ってらっしゃったんですね。
なんだかちょっとホッとしちゃいました。

>押し付けることも出来ず、手放し状態にも出来ず…
このバランスがほんと難しいですよね。
勝手に育ってくれれば楽なのになぁって思っちゃいますが
きっと僕の上司もそんな事思っていたのかなぁ・・・って考えると
僕も凹んでばかりはいれないですよね。

何かの縁で出逢った訳ですし、その縁を無駄にはしたくないものです。
【12.10】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/319-d41e67e5
CALENDER
08 // 2017.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。