FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
俺より淫乱?
これまでの話は「オチル…」からどうぞ

『オチル…scene.30』

第3章
第3話「俺より淫乱?」

ホントのとこは3Pに向けて味見って僕の計画。

彼はまずは軽くやりたいって希望。
僕の希望としてはできれば掘りたいだった。
(ナニセ タチ ノ タノシサヲ シッタ バカリデスシw)

でも、彼は乗り気じゃない。
まぁ、それならそれでもいいやって事で会った、ある夜。



便器に座って僕を見上げた彼。
明らかに虐げられたいって表情に見える。
それならといきなりパンツを下げて咥えさせる。

僕がイくか、いいって言うまでしゃぶりそうな勢いw

もうイっちゃうかと思ったその時、彼が口を離した。
周りがよだれで光ってる口から言葉が放たれる。

「ねぇ、掘って欲しい…。」

ん?えっ!あっ…う、うん。(ドキドキw
あんまり乗り気じゃなかったやん!
って嬉しい悲鳴は内緒(笑)

でも、正直ちょっとひいたw
そこまでド淫乱なタイプって始めてなんですもん。
(ッテカ イママデハ ジブンガ ソノタチバw)

自らパンツを下げてムチムチのケツを僕の方に向けて
『は・や・く・き・て♪』って状態。

洗面台のトコにはローションとゴムが置いてあって用意も万端w
『なんじゃい、掘られる気マンマンやんw』
ってツッコミを入れたくなるけど、
その前に突っ込まなきゃいけないモノがあるやん(笑)

ん~覚悟を決めなきゃいかんよね。
しかも僕から掘りたいって言ったわけやしね。
彼が選んで用意したゴムは黒いヤツ。
初めて着けたけど、これメッチャエロいやんw
(ナンカ ビデオ ダンユウ ミタイ♪)

しかし、僕が着けてる間に自分でローションを仕込む彼。
これっていつもの僕の段取りと一緒なんだけど淫乱に見えるなぁ。
(ふぅぅ・・・こんな風に見えてたのか(汗))

これって、タチ側のテンション上がってないとかなりキツイ。
ん~っ、頑張る♪

って具合で準備が整い後はぶち込むだけ。
僕、肉厚のケツって見るのは好きだったんだけど
後ろからぶち込むには肉がジャマをして遠い気がするんだけど…。

思いもよらない問題点が次々と・・・
まぁ、何事も経験ですよねw

今回はかなりM系って感じがバリバリしたんです。
なので、ちょっとそこをくすぐるようにしてみる。

「ケツをもっと突き出してっ」
そんな言葉が開始の合図。
「う、うん…」
「ほら、もっとっ」
「はい…」

おっ、イイコイイコ♪

ケツの割れ目にチ○ポを押し当て
素股のように前後にスライドさせる。
「んんっ・・・はぁぁっ・・・」
もう既に彼からは声が漏れ始めてきた。
入り口の場所は把握できた。
どうするか。欲しいと言わせちゃうかw

「んっ?どうして欲しい?」
(ジブンガ イワレタイ コトバダカラ スグオモイツクw)

「け…けつに入れて・・・欲しい・・・です。」
(ヨク デキマシタ♪)

でも、まだ焦らすんだw
下調べの終わった穴の位置にチ○ポを押し当てる。
チ○ポの先から彼の穴の動きがわかるくらい彼は欲している。
少しだけ…ほんの少しだけ力を入れて押し込む。
すると、吸い込まれるようにチ○ポが入っていく。

亀頭がスッと飲み込まれ、そこで止まる。
勢い良く飲み込まれたもののちょっと苦しそう。
「うぐっ・・・あぁ・・・ちょ、ちょっと待って・・・ハァ・・・ハァ・・・」

彼は握りしめていた魔法の小瓶を取り出す。
今や入手困難となった魔法の小瓶w
大切に使ってるって感じが伝わってくる。
スッと吸い込む毎にじんわりとアナが緩んでいく気がする。

彼が吸い込んで息を止めてるその瞬間を狙って彼に触れる。
肩口に手を置いて背中の上をゆっくりと動かしていく。
痛みがひく波と快感の波。
きっと彼の中で入り混じってるはず。
ただ、そんな混乱すら楽しんでる感じもする。

(随分と慣れてらっしゃるじゃないんですか…w)

ならこっちも遠慮なくいきますよ♪


(続く…)


ランキングに参加しています。

ブログランキング

【2006.09.20】 「オチル…」 // COMMENT(5) // TRACKBACK(0)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【09.20】 // # [編集] []
ふむふむ、タチの楽しさがすっかり板についたようですね。
一志さんは元々がウケ名人で相手の喜ぶポイントもよく分かるから、
一流のタチ?に化ける要素はありありですね。
エロ事でも相手を思い遣る気持ちって大事かも。
オレって乳首がデカイのに全然感じないのですよ。
そんなもんで、乳首責めとか下手っぴーで
二十歳そこそこのおガキ様に怒られた事もありました。
「良く勉強してよね!」って。
今度、一志師匠を教材にして訓練に励もうかなぁ~





【09.21】 URL // AA #FvLIUmYM [編集] []
>(ナンカ ビデオ ダンユウ ミタイ♪)
旦那が横にいるのに、このフレーズで声を上げて
笑った自分が・・・少し嫌いになりました(笑)

続き・・すんごく楽しみに待ってます♪
【09.21】 URL // プクママ #9ddgPdqs [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【09.21】 // # [編集] []
>秘密メッセージ1号さん

そうなんですよ。
いつの間にか違法になってしまって販売されてないんです。
ウケる立場としてはかなり重宝してたんですけどね。
確かに病気を広げる原因の一つになっちゃってるかもしれませんが
ますますやばいモノに手を出す人もいますしねぇ…。

俺も買いだめしておけばよかったと激しく後悔してるんですよ。
もしよかったら…(ごにょごにょww
僕が代わりに聞きましょか?(オイ

エッチは遠慮なくいっても
そっちは遠慮しろよって話ですよね。はい…(汗

>AAさん

タチの楽しさはだんだんわかってきましたね。
ウケ名人かどうかは置いといて(汗、注意しなきゃいけないとこは
そんなに変わらないですから、攻めやすいって感じではありますね。
でも、身体に染み付いたウケの快感を忘れる事はできないんですよ。
って事で目指す一流はリバって事にしておきますww

そっか、AAさんは乳首感じないんだ…。
やっぱり自分が感じないってのは攻める立場としては難しいとこですね。
ってかそんな年下のヤツが攻め方に文句をつけるってのはどうかと思いますが
そうやって、AAさんも一流になる為に苦難を乗り越えてきたんですねww

僕を教材ですか?
なにやっても感じるんで練習にはならないかもしれませんよww

>プクママさん

ぶははww
俺、そんなママさんが大好きですよ♪
うっかり笑っちゃって自己嫌悪ってのはよくある事なんで
自分の事嫌いにならないで下さいね。

そんな事よりも、隣に旦那さまがいらっしゃるのに
『一志の隙間』を読んでいたってとこがすごくひっかかるのですが…。
もしかして、旦那さまに
「なに見て笑っとんだ?」
って言われて旦那さまが僕のブログを目にしてしまったとか…。

これがきっかけで…(ごにょごにょ
(ソレハナイww)

>秘密メッセージ2号さん

その漫画、僕も読んでますw
妹が買ってたんで、それを読んでるんですけどね。
ってか、その名前だけで興奮できるなんて、さすがですねww
もしかして、妄想に発展したとか?
(キニナルナァww)

黒いゴムはなんであんなにエロさが際立つんでしょうね。
なまめかしいって言葉が似合う気がしますw

そこで笑ってもらえましたか。
まさか、あの場面で一人ツッコミを入れる事になるとは…
って感じですよね。

さてさて、続きは興奮できるのか…大爆笑で終わるのか…
グダグダにならなきゃいいんですけどww
【09.22】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/275-792e0613
CALENDER
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。