FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
放つ言葉。見えた本当の姿
すっきりしない日本戦。
確かに負けるよりはいいんだけど
入りそうで入らない点にモヤモヤしちゃいますよね。

え?

とっとと入れられちまって
こっちも早くすっきりさせろ!
って声も聞こえる気がしますw

では、第8話

これまでの話はこちらから↓
第1話『金属音な野郎系』
第2話『ガチムチのアニキが更に萌える要素』
第3話『泡が作り出す欲情』
第4話『始まりの合図』
第5話『奪われる自由と引き換えに…』
第6話『正直な体と言えない言葉』
第7話『響く音。残された感覚』


僕の中で息づく2本の指。

間違いなく見つけられているそのスイッチを交互に攻めながら
出たり入ったりを繰り返す…。

今までも発した事がないわけじゃない。
むしろ積極的に使ってたと思う。

指で出し入れされるのは度を過ぎると
どうしても痛みが来てしまって
はやく開放して欲しいって思いで使った事もある。
自分のペースに持ち込みたくって使った事もある。

でも、言わされるのは初めてだ。




このノリをぶち壊しちゃいけないとか
アニキを掻き立てるような言い方は何がいいとか…
残った理性で考える自分も確かにいた。

そう、いたんだ。

でもアニキの一つ一つの動作が理性を次々と消していく。
そして、最後に踏まれたスイッチ。

指を入れたままフェラを続けていたアニキが
口を離して、身体の位置を変えてきた。
眼を瞑って快感に溺れ、耐えていた僕を襲う快感。

次に何をされるか想像もしないまま
ただ、されるがまま横たわる身体。
さっきから身体に走るケツからの快感に
ついにチクビから伝わる快感がプラスされた。

『ギリッ』と噛まれて走る痛みに
舌先でのソフトタッチがミックスされ
絶叫にも似た声が部屋にこだまする。

「…」

アニキが何かを口にした。
でも、自分の喘ぎ声で聞き取れなかったんだ。

喘ぎ続ける僕。
そんな僕にアニキは呆れたのか、満足したのか…。
最後に押されたスイッチの感覚が残る中
アニキが軽く僕にキスをした。

押し寄せる快感の波と戦いながらも目を開ける僕。
そして、アニキと目が合う。
またしても、口元に笑みを浮かべてアニキが言葉を放つ。

「ほんと淫乱なヤツだなぁ…。
 ん?もう、指だけで満足なんか?」

そう言いながら指を休める事はない。
またしても快感に包み込まれていく。

「ん?どうなん。ほら、言ってみろ。」

はぁはぁ…と肩で息をする僕にその言葉を求めるアニキ。
言葉を選ぶ余裕なんかもうすでにない。
もう、いいじゃないか、早くぶち込んでくれれば…。
そんな最後の理性が3本に増やされ
僕の中で動き回るアニキの指で吹き飛ばされた。

「はぁぁ…。うおぉぉ…っ。も、もう我慢出来ません。
 アニキの…アニキの…をぶち込んで下さい。」

「ふぅ~ん。指がいいのか。そっか指でいいんだな。」

そう言って僕の中でまた、指が動き回る。

「い、いや…おぉ…っ。あぁ…っ
 あ、アニキのチンポ。ぼ、僕のケツにぶち込んで下さい」

「そんなに。チンポが欲しいのか。
 ほんとに淫乱なヤツだなぁ。
 ほら、自分で用意しなっ。」

僕はどこまで堕とし入れられるんだろう。
最後の言葉で僕のMの立場をしっかりと確定させておいて
アニキがゴムを放り投げてきた。

押し寄せる快感で、指が言う事を利かない。
わかっているはずなのに、
それでもアニキは僕の中の指を止める事はしない。

なんとか封をあけ、アニキに装着を終えた。
アニキの顔を見上げると
『やっと着けれたのか』
そんな表情で出迎えられる。
言葉にはしないけど、また僕のMの部分を弄る。

『ほら、欲しいなら、欲しいってもう一度言ってごらん』

そんな表情に見えた。
どこまでも辱められるのか…。

いや…。

これが僕の本当の姿なんだろう。
断続的にあがってくるケツからの快感に身悶えながら
アニキに求めた。


「アニキっ。アニキのチンポが欲しい。
 僕のケツにぶっ刺して下さい。」


(続く…)



『FC2ブログランキング』
【2006.06.21】 エロ // COMMENT(8) // TRACKBACK(0)
ニャンニャン PC直ったからまた遊びにくるね~
なんだかまた続きものが・・・
頑張って楽しみにしてよませていただきます!
【06.21】 URL // kiki #- [編集] []
征服と服従。
いずれにもそれなりのヨロコビあったり
快感あったりとフクザツですね、。

そうそうナゼか偶然
楽しいブログめっけ。
http://rsk0111.blog70.fc2.com/

またお邪魔します。

【06.21】 URL // kanon #- [編集] []
何。何。これは現実に起きたことなの???
'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ
どうなの一志さん!!そうなの?そうなのぉぉぉぉぉ???
こんなこと起きちゃっていいの??
もももももも、もう駄目です。。ハァハァ。

完全ショートです。チーン
【06.21】 URL // ちとせ #- [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【06.22】 // # [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【06.22】 // # [編集] []
もう限界だよ。
頭ん中で一志さんが苦痛と欲望の入り混じった顔がグルグル回っているよ・・・でも、顔知らなかったんだ・・・失礼!
でもでも、ホント妄想グルグルです。
よくゴム付けること出来たね。関心、関心。
【06.22】 URL // トシ #- [編集] []
>kikiちゃん

お久しぶりっ♪
元気にしてたんかな?

しばらくPCから離れた生活はどうでしたか?
たまにはいいかもしれないねw

続きモノの方はいい具合に完結です。
また遊びにきてねぃ。

>kanonさん

>征服と服従。
『ノリよく盛ろう』の内容がこうなるとは思ってませんでした。

ノレてない時にこんな内容だとかなり寒いのですが
今回はずっぽりはまっちゃいましたねw

あっ、ブログの紹介どもです。
なんで、僕の好みがばれちゃったんっすかねw
大好きです♪

>ちとせちゃん

『チーン』って(笑)
回線のショートした音かなw

そんな動揺せんでも…。
いや、そんなちとせちゃんもかわいくていいんだけどね。

ほんとかどうかって?
若干の記憶のあいまいな台詞は加筆だけど
基本は全部ほんとの話だよ♪

ん?
こんな事言っちゃったらさらにショートするかも(笑)
【06.23】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []
>Yちゃん

今回の続くは辛かった?
うふふw
僕の罠にはまっちゃったんですね。

そのモヤモアはkanonさんの紹介してくれたブログで
落ち着けておいてくださいね

いやぁ~最初はこんなつもりはなかったんですけどねぇ。

やっぱり僕の中にある2種類の血が
(て言ってもAB型って事じゃないよw)
化学反応起こしちゃったみたいです。

長々とつき合ってくれたこのシリーズも
次回で終わりです。
今頃は悶絶してくれてたりするのかなぁw

>秘密コメントさん

ほんとこのアニキの焦らしっぷりは筋金入りだと思います。

僕の場合、ゲイ雑誌は行きつけの本屋で買っていました。
隠すようにレジ周りのお客の流れを見極めながらレジに走るわけです。
とてもじゃないけど「さぶあるか?」とは言えませんw

「アニキの…をぶち込んで下さい」
って言っちゃうくらいっすからねw

あっ、このシリーズで新たな自分に出会ってしまった人発見♪
他にもいそうなんだけどねぇ(笑)

最終はたっぷり楽しんで下さいね。

>トシさん

苦悩と限界かぁ…(笑)
いい具合にミックスされてMが際立ったのかもしれません。
僕もトシさんの悩む姿見てみたいですww

身悶えて、はァハァと肩で息する中でかなりもがいちゃいました。
やっぱり肝心なトコは…ねっ(笑)
【06.23】 URL // 一志 #- [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/229-648eea50
CALENDER
05 // 2017.06 // 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。