FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
内側に存在する最後のスイッチ
予告通り本日はエロいです。
覚悟してくださいねw
しかもなにげに長かったりして

って事で最終話

『どっちがやるの?』
『頑張って攻めますね』
『オイオイ、しっかりしろよっ!』

の続き。
って事で…

身体は彼を待ち受けている。
拒絶はない。



カリ高の彼を押し当てる
小ぶりの玉子くらいの大きさの彼の先端
彼が動く気配はない
僕のペースで呑み込んでいいって事か

入り口に押し当てて少し前後する
少しずつ口が開いてくる
彼に押されたスイッチはどこまで僕を乱れさせるのか
少しずつ開かれた口が彼を捕らえた
十分な愛撫で緩んだ入り口は彼を招き入れる

急ぐ事はしない
彼の大きさを味わうように少しずつ招き入れる
芯はしっかりありつつも柔らかい肉で包まれた彼
それが僕を押し広げるように入り込む
あぁ…っと声が漏れる
苦しい訳じゃない
今から来るであろう快感の予感

彼が入ってくる感覚が脳みそにも直で入ってくる
どこまで彼は僕を広げていくんだ
そんな感覚に痺れすら感じ始めた時ズルッと彼が僕の中に納まった
うわっ
思わず声が出てしまった
彼のカリが入り口の部分を通過したんだ

バイブじゃなくってプラグを入れた時のよう
もしくはローターを入れた時のような感覚
それは入り口の肉厚な部分から
少し余裕のある空間に潜り込んだ時の感覚

彼が通過する余韻が消えると同時にその奥の部分が彼を味わい始める
待ち構えていたであろうその部分はうごめいているに違いない
しかしここで止まる訳にはいかない
一番深い所まで彼を飲み込んでいく
僕のケツが彼の太ももを感じた

ここまでか?

いや違う
膝立ちの体勢からつながったまましゃがんだ体勢に変えるんだ
いつの間にか見つけたあの体勢
それが僕自身に一番深くまで入り込める体勢
僕の一番深い所に彼をわからせるつもりだったんだ

体勢を変えて彼を更に飲み込もうとした瞬間
快感が全身を駆け巡った
うおぉぉ…っ
あの大きさの彼が内部に隠された最後のスイッチを押した
駆け巡る快感は全身に鳥肌という証を残す
決して「寒さ」ではない
むしろ「熱い」と言っても良いはずの感覚
その感覚に足の踏ん張りが効かなくなり
一気に彼を最深部まで呑み込む事となる

きたぁ~と言う貪欲なオレと
怖いと感じる臆病な僕

もっともっとと欲しがる自分は居る
でも自分がわからなくなってしまいそうな恐怖も感じる
駆け巡る快感がそんな2人を作り出す

足の力を失いつつもなんとか彼に手をついて体勢を保っていた
一瞬自問自答してしまった僕
我に帰って顔を上げると彼と目が合う
どうなん、オレのを入れた感想は?
そんな笑みを溢される

勝手に呑み込んで勝手によがってる僕にひいてるんじゃないか?
そんな不安が浮かんだが彼の笑みがそれを消してくれる
僕も笑って返したかった
でも身体に残る彼自身の感覚がそれを許さない
なんとか意識を踏みとどめている状態の僕

「気持ちいい?」
「うん。ありえんくらい」
「オレもめっちゃ気持ちいいよ」

そんな会話が貪欲なオレを加速させた
お互いに気持ちよくなろうぜって言ってる
そんな「オレ」の部分がもう一度足に力を入れて動き始める
彼が行ったり来たりするのがわかる
彼を包み込む僕の肉壁も彼に着いて回ってる様な感覚

そんな感覚を感じながら彼を見つめる
彼も僕を見つめ返してくる

いつもなら僕が照れてるはずなんだ
なのに戸惑いと照れた表情をしてるのは彼
腰の動きもスムーズになってくる

騎乗位のままだけど角度を変えながら彼を呑み込み続ける
少し体勢を変えて彼にキスを求める
激しく求めてきたのは彼
それに答える僕
舌を絡めあってつながる2人

もっと…といった感じの彼を残して口唇を離す
再び彼の胸辺りに手を置いて動き出す
何度も押される僕のスイッチ
駆け巡る快感となんとか踏みとどまろうとする意識
その二つの感覚は彼を見つめ続ける事で僕に同居する

もっと…もっと…

貪欲な「オレ」の部分
その部分が彼からも見えたんだろうか
下半身から伝わる快感と視覚から得られる快感
それを味わっていた彼が口を開く

「ねぇ。挿れてるのは僕だよね。
 って事は僕が襲ってるって状況のはずなんだけど
 僕が襲われているような感じがするんだ。」

やるじゃん「オレ」(笑)

そういう意味では彼を攻めてたんだ
「オレ」=「襲いウケ」って事なんだろう
その言葉がひっかかっていた気持ちを溶かした

加速する

更に彼を強く見つめる
『わかりあえた。』
そんな感覚が心も気持ち良くさせる
僕の身体もそれに答えようとして動き始める
腰はさらに早く動き
入り口はさらに強く絞める

それに呼応して彼も動きをあわせてきた
ベッドのスプリングを利用してリンクする2人
その2人のリズムはガチガチの僕自身が
彼の腹にあたって作り出される音によって更にノっていく

いつの間にか汗が額を濡らす
彼からも汗が滲んでる
でも僕から滲むもう一つの汗が
それ以上にヘソの辺りがベトベトに濡らす

「かずしぃ~」
掘ってる方が言うような声質じゃない声で僕を呼ぶ
「どうした?」
「もうイキそう」

我慢してたのは僕だけじゃなかった
何度も駆け上がってくる快感はさっきから出口を求めているんだ

「一緒にイこうよ」
そんな僕からの誘いを彼は断った
「ゴムの中にイクのって好きじゃないんだ」
そんな好き嫌いあんのか?
僕は中でイって貰って僕もイった後
まったりと小さくなるまでつながってるのが好きなんだけど…

まぁいいか
今日は彼のスタイルでいこう
彼を僕から抜き取る時にまたしても快感が走る
最後の最後まで彼は僕に跡を残していく

その快感の余韻のまま2人並んでお互いを扱きあげる
もうイキそう
爆発寸前の2人はあっという間だ
「イクところ見せて」
とあくまでも僕のペースとは違う彼だったが
それならと僕から…

「イクよ。うわぁ…出るっ。あぁぁっ!」

大量の種が僕の身体を白く染める
彼と目が合った
「たくさん出たね」
すごく満足げな表情で僕を見つめ返してきた

『ツギハ オマエノ バン』

最後に僕の「オレ」が顔を出してきた
彼を握り締めると扱きあげる

「気持ちいいっ。もうイっちゃいそう」
「よし、イケっ!」
「ん、んんn…っ。おぉぉぉ」

絞り出されて部屋に響く彼の声
それにあわせて飛び出してきた

一発…二発…三発…

同じように彼が次々と白く染まる
「ふわぁぁ…」
そう放出の終わりを告げた彼

『コレデ オワリダト オモウナヨ』

「オレ」が現れる
放出してもさらに扱きあげる
彼から放出された種を使って更に扱く
敏感になった彼の頭を指先で撫で上げる

「うぉぉぉ…っ」

イった時よりも更に大きな声が部屋にこだまする
背中を限界まで反らして快感に悶える彼

「も、もうダメだよ。」

こそばいって言わないなら大丈夫
逃げ腰の彼を押さえて更に扱く

「あぁっ。マジでもうダメっ!」

『ココラヘンデ カンベンシテヤルカ』
そんな「オレ」が満足したのを確認して手を離す
息も絶え絶えの彼

肩で息をする2人がベッドに横たわる
至極の時間
横を向くと彼と目が合った

自然と出た「おいでっ」の言葉
彼を腕枕で抱きしめる
強く抱きしめる僕に彼が埋もれていく

腕の中で彼が顔をあげる
そんな表情できるんだ…
彼と口唇を重ねた。



ふぅ…

たぶん一日の記事としては過去最長ですね。
でも昔に比べて行間を駆使してるからかもしれませんね。
今回は「。」を使わなかったんですがどうなんでしょう。
あんまり関係ないか。
むしろそんな事どうでもいいって言われそうですがw

ところで途中で気付いたんだけど彼って既婚でした。
後で聞いたら指輪は絶対外さないんだって。
これを外したらもう戻れなくなる気がするから…
ってのが彼の言葉。

それなのに彼はまた会いたいって言ってくれた。
ハッテン場に行く事もあるけどハズレの日もあるからって

って事は僕とのエッチに満足してくれたって事なのかなぁ。
僕的には当初の「タチ」を貫けなかったから
終わってから反省会なんですけど(笑)

彼とのエッチはこれっきりじゃない気がします…
うまく続くといいなぁ



ランキングに参加しています。
今日は何位かよかったら見に行ってみて下さい。

『FC2ブログランキング』





【2006.05.02】 エロ // COMMENT(13) // TRACKBACK(0)
きょこん って一発では変換されませんでした‥。
さて、今まで俺が体験した数少ないバリエーションの中では、今回がもっとも自分達に近いものでした。受けてるのか、攻めてるのか、よく判らなくなったまま、ぐちゃぐちゃの内に大団円を迎えるような‥そんなエッチの日にはすごい満足感で満ち足りますねo(^-^)o
しかし‥俺達卵はまだ飲み込めないっす‥(*u_u)修行に行かなきゃっ!
【05.02】 URL // レン #V0dEQAY6 [編集] []
『襲いウケ』。
お互い良いエッチが出来て良かったね。(羨ましい~)
既婚者かぁ~ 何かいいな。 チョッとテクがありそうと言うか、タチウケ両方出来そうじゃないですか。 その後、この人とは・・・(いつの出逢いでしたか??)
【05.02】 URL // トシ #- [編集] []
今取り掛かってるブツと似ている展開♪
全然 長く感じなかったのは
「。」がないせい?
よくわからないけど よかったよー♪
本当に満足したのが 読み手にも伝わる感じだよ。
見習わないといけないな~。
【05.02】 URL // 真夜中のジョニー #- [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【05.02】 // # [編集] []
>レンさん

巨根って変換せーへんのね。意外や。
しっかりせぇ~オレのPCなんやから(笑)

>ぐちゃぐちゃの内に大団円
っていい感じっすよね。
ってか卵飲み込む修行ってwww
Sサイズですよ、Sサイズ。
いくら外人さんの飲み込めたからってこれ以上のケツの修行は…
どっちかというとバナナを食いちぎる方の修行で…(笑)

>トシさん

そうなんですよね。
嫁さんともきっちりやってます。って感じの腰使いw
あれ?初めて会った日っていつだっけか…。
春にはなってたと思うんですけどねぇ。
もう今日食べた朝ごはんも思い出せないかも(笑)

でも彼はほんとにあれで満足してくれたんでしょうか。
とても心配だったりします

>真夜中のジョニーさん

長く感じなかったですか?
そうやって言ってもらえると意識してただけにうれしいです。
なるべく『ガァ~』って読んで欲しかったんですよね。
やったね♪

でも見習うだなんてとんでもない。
このお礼はおねぃさまのブツを教えてもらうって事で…w
あっ、でも内緒のお仕事なんですもんね。
うがぁぁぁ…ウズウズ(笑)

>秘密さん

そっかぁ。残念。
って携帯からでも大丈夫なんだけどムズいかなぁ。
入力大変だもんね。

【05.03】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【05.03】 // # [編集] []
通勤時の電車の中で
携帯からいつもチェックして
ズボンにテント張ってます///。
一志さんとやったら気持ちよさそう。
僕はタチウケ両方OKですけど、やっぱりウケにとられるみたいです…。
ウケってすぐわかるみたいですよ。
犯してオーラが漂うのかな(笑。
【05.03】 URL // KAWORU #WmTzXaX2 [編集] []
俺もたまに相手がイった後に、その汁使ってゴリゴリしていじめますw
大体が途中でギブアップするんですけど、
あれを我慢して続けると桃源郷へいけるらしです(友人談w)
え、俺すか?
もちろん未踏ですw
【05.04】 URL // takayoshi #IOwrre66 [編集] []
>秘密さん

携帯からでも簡単ですよ。
大丈夫ダイジョウブ

>KAWORUくん

ど、どうでしょう…( ̄ー ̄; ヒヤリ
気持ちよくなるためだったら惜しみませんよw
『犯してオーラ』ってわかる気がします。
結構得意技かも(笑)
KAWORUくんは両方OKなんだ。
その日の気分で変えたりするんやろか?

>takayoshiくん

たまにっすか?ほんとにたま~になのか?
腰をガシっと掴んで「ホレホレ」って感じで(笑)
と、いらんとこを突いてみたくなるけど
彼氏さんには実践済みなんかな(笑)

桃源郷ってなんとなくわかります。
亀頭攻めを延々やられた感じですよね。

え?未踏ですか。
じゃあ、ぜひ僕と一緒に(笑)
【05.04】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
言い得て妙ですね。
実は、オイラが先日体験したえっちぃも正にこんな感じでした。あっ、この場合、オイラが襲われたんですが・・・ホンマのタチは一志さんのような襲いウケの事やと思うなぁ。
【05.06】 URL // 進(shin) #- [編集] []
>進(shin) さん

ようこそいらっしゃいませ。
『襲いウケ』っておかしな言葉ですよね。
なんだけど、『言い得て妙』なんですよ。
まさに僕の為の言葉じゃないか…なんて錯覚にも陥りますが
まだまだ上には上がいるはず…(と信じたいw)

えっちぃ体験しちゃいましたか。
フムフム…( ̄TT ̄)
おっと、先走りの鼻血の事はほっといて(笑)
進(shin)さんの報告をチェックする事にしますね。

でも、ほんまのタチは僕のような襲いウケだなんて…
『言い得て妙』だと更に感心の夜更けだったりします。

また遊びに来て下さい。
僕も進さんとこにお邪魔させてもらいますね。
【05.06】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
「襲い受け」の極地!で 終わり方のズレまでも呑みこんで、〝判り合える〟共感には 涙が出ました。 
【07.31】 URL // youkou #W9meLlU. [編集] []
>youkouさん

連続で読み進むってしんどくないです?
自分でいうのも変ですけど、昔に比べると
かなり濃厚になってるんじゃないかと…(笑)

初めての相手とはなかなかタイミング合わせるの難しいんですよね。
腹の探り合いも疲れるので
今回のようにはっきり言ってくれるとそれはそれで
やりやすかったりもしますw
最低限の気遣いは欲しいんですけどね。
基本はノリ重視って事で相手に合わせることが多いです。
(ナニ イッテンダ オレw)
【08.02】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/199-fc7d2628
CALENDER
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。