FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
剥き出しの本能
最終話です。
お付き合いいただきありがとうございます。

第1話『どうする?襲いウケ』
第2話『違いを示す男』
第3話『イチモツと口唇と快感の矛先』
第4話『我慢できる?ボクムリナンダケド…』
第5話『瞳に宿る雄の光』

騎乗位で彼を何とか飲み込んで
残っていたわずかな痛みが快感に変わった時
優しい瞳の彼が『雄』に変わる。

射抜かれているのは身体だけじゃない。
心まで射抜かれてしまったような感覚。

持っていた好奇心なんか喘ぎ声とともに
部屋の暗闇に消えていった…


その彼の『雄』が体位を変えさせる。

いったん経由する座位で彼の柔らかさを感じる暇はなく
押し倒されるように正上位に変化する。

彼から突き上がる『雄』の衝動は
僕の背中に回していた手を腰に持ち替える事で
腰の動きに変わって僕に伝えられる。

動き始めた彼の『雄』。
どんな感触を連れてくるか構えてしまってる僕に
彼がつながりを浅くしてkissを降り注ぐ。

どこまで緩急の付け方が絶妙なのか…。

身体が未体験の感触を待ち構えていただけに
心がむき出しになっていたらしい。
すぅ~っと彼のkissが心に入ってくる。

擬似恋愛モードにしっかり入っている僕の心は
その彼の優しさで一気に埋まっていく。
彼の優しく暖かい気持ちで埋め尽くされた心。
そのkissの余韻に浸っていると彼がゆっくりと動き始めた。

身体が彼の熱さを感じていく。
浅く…深く…浅く…深く…。
彼の大きさになじんだ僕の身体。

そのなじんだ僕の身体を確かめた彼が
徐々に動きを早めてくる。

抱きしめるように動いていた彼が
ついに本能を剥き出しにして動き始めた。
手で僕の腰を持つ事で彼の衝動が動きに変わる。

上反りの自分の角度をわかってるかのように
僕のポイントを確実に突いてくる。
僕の反応を見ながら小刻みな動きを繰り返し
僕の鳴きを聞きながら深さを変える。

突き上げられる衝撃にまたしても浮遊感が僕を襲う。
なんとか踏みとどまろうとする僕の身体は
中に入ってる彼自身を締め付ける事であがく。

自分の場所を守ろうとする彼との戦い。

ローションが作り出すヌメリ。
そこから生み出される音。
締め付け。
そして突き上げ。

暗闇と僕を交互に見つめていた彼。
荒くなっている息。

その隙間から彼が声を放つ。

「Oh,Yeah」

決して演技ではない彼のその台詞。
耳に飛び込んできたその喘ぎ。
『本当に使うんだ』
そんな事を考える頭の中を
彼の低くかすれた、なのに甘みを帯びた声が
5感すべてて感じ取る快感に書き換えていった。

そして目から入ってくる暗闇をその快感が『白』に変えていく。
なにも考える事ができずただ彼の『雄』が作り出す快感に身を任す。

その快感が更なる締め付けを作り出す。
その締め付けが生み出す彼への快感。
伝わったその快感が更に激しい動きを作り出す。

彼の表情が我慢に変わる。
『イッショニイキマショ』
僕のその想いが伝わったのか。
彼が僕を扱きあげる。

彼が作り出す快感。
突き上げてくる強さと扱きあげられる熱さ。
僕のリミットはすぐそこまで来た。

「Oh,Yeah」
「うわぁ~っ、もうイきそう」
「ボクモ イキソウ」
「一緒にイこう、あぁっ…もうダメッ」
「ボクモ イクヨッ」

彼は2人の間に残っていた薄い壁を脱ぎ去ると
大きい手で扱きあげる。
僕も彼にタイミングを合わせて扱きあげる。

「オォッ…イクッ!」
「あぁ…いくぅ~!」

それぞれの台詞で最後を告げる。
彼の衝動が飛び出した。
2人で作り出した快感に比例するように
大量の衝動が僕に降り注ぐ。

肩まで2発
チクビに1発
へそに2発

彼のイキざまを見届けて
僕も暴発射。

僕の身体の上が2人の衝動で埋め尽くされた。
そして放心状態の2人。

先に戻ってきたのは彼。
僕の上に躊躇なく覆いかぶさってきた。

余韻を楽しむkiss。

目が合った彼がフッと笑いをこぼす。
その笑顔で僕も戻ってこれた。
軽く回数を重ねるkissで想いを伝える。

まだ全身に残る快感に浸る僕を彼がギュッと抱きしめた。
その快感を僕の身体に封じ込めるかのように…。
2人の間に残る衝動をふき取って
彼が僕を腕の中で暗闇に落としていく。

わずかに残る余韻と心地よい疲れ
それを包み込む彼の腕の中で暗闇に落ちていった。



(おしまい…)


ランキングに参加しています。
今日は何位かよかったら見に行ってみて下さい。

『FC2ブロクランキング』
【2006.04.18】 エロ // COMMENT(15) // TRACKBACK(0)
こちらでは、初めましてです。
昨夜のお約束を果たしに参りました。

では・・・「Oh,Yeah」 o(^o^)o ビンゴ!!


【04.18】 URL // プクママ #9ddgPdqs [編集] []
やっぱ言うんだ。
「あ~スッキリした」と言う感じです。彼の太さに慣れてきたとき、快感へと変わる瞬間が好きでな。
二人仲良くイクなんて・・・(V^-^) たくさん出たでしょう?? 外人さんはどう?
【04.18】 URL // トシ #- [編集] []
ほんと読み進めていくと
リアルな疑似体験ができちゃうんだもん。
すごいな、一志さんは。うん。
ちゃんと山上り詰めて、一気に下山した後
今まさに、放心状態だ。
でも、その外国の方、おしいねぇ。
帰っちゃうんだもんねぇ・・。
後ろ髪惹かれます・・惹かれますって
俺の話じゃないんだけど、ちょっと
淋しいよね。
【04.18】 URL // レン #FsQlnSOY [編集] []
>プクママさん

ようこそいらっしゃいました。
自分ちでこうしてコメントするのが少々戸惑ってしまったりもします。
(ナンカ チガウクネッ?)

とは言え夜更けまで大人の時間を一緒に過ごした訳ですからねw
なんかすごく親密になった気がしてたりもします。

でも、いい勘してますねぇ。
僕と考える事が一緒って事は…
なんてひと括りにしちゃっていいっすか?w

また、気兼ねなく足跡つけに来ちゃって下さいね。

>トシさん

スッキリしてもらえてなによりです。
最後の書き方に苦労したので嬉しいです。
(チョット テレマスガ…w)

しかしまぁ良く出ましたよ(笑。
この資源を有効に活用する手立てがないものか
って考えたくなるくらい。
外人さんは…。
う~ん。特にこだわるとこではないですね。
惹かれたのは生まれでも国籍でも体格でも毛の量でもなく
(モチロン フトサデモナクw)
彼自身だったんで…。

>レンさん

擬似体験してもらえるなんて嬉しい限りです。
頑張って書いた甲斐がありました。
最後に向かっての「山」がなかなかできなくて
随分と倉庫に流しちゃいましたw
(オジサン ゴメンネ)
これが最初で最後ってのが余計に募ったのかもしれませんが
淋しいかぎりです。

新しい出会いを求めて駅前留学でもする?
いやいや新手の勧誘だったりして…w
【04.19】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【04.19】 // # [編集] []
はぁ。。。。羨ましい。
俺は勇気がなくて妄想ばっかし。
今日も鳥肌が立つぐらいドンピシャタイプって
感じの人を本屋で見かけたんだけど、俺から
声をかけるなんてありえない。
でも、一言声を聞くだけでもいいんだけどなぁ。
はぁ、空しい。
【04.19】 URL // Pepe #s4HKH4s2 [編集] []
>秘密さん

そんな教えられる程の経験は積んでませんって。
どうしたらいいかなぁ。
でも、そんなに埋め尽くされてる訳ではないっすよ。
僕もそうですが自分のペースに合わせて…
ってのが一番いいかと思います。

>Pepeさん

なかなか声を掛けるのは勇気いりますもんね。
僕も街中では見てるのが精一杯ですよ。
掲示板でやり取りが楽でいいっすね。
ノンケかどうかは確認しなくっていいっすから。

ぜひまた遊びに来て下さいね。
妄想のお手伝いしますよw
【04.20】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
ほんとリアルに状況が読み取れますね(*ノωノ)一気に読ませてもらいました☆

外国に帰ってしまうのはちょっと寂しいけどまたその事実がこの記事に色を着けてるような気がします・・・考えすぎ?w

ちなみにブックマークさせていただきましたもし問題あればご連絡下さいませorz

また、きまぁす☆
【04.20】 URL // 甚八。 #- [編集] []
一回こっきりなんて淋しいですねぇ。
こんなオトコなかなかいないのに。
いい日本での思い出になったでしょうね。
通勤時にケータイで読んで恥ずかしい状態になってしまいました。
【04.20】 URL // KAWORU #WmTzXaX2 [編集] []
「Oh,Yeah」ってきっと情熱的に口からこぼれ出てるんでしょうね~(あぁ妄想が)

それ聞いただけで、射精時間が1分は縮まりそうだよね(笑)
しかし、よく巨大なモノが馴染みましたね。
お尻は大丈夫でしたか?
【04.20】 URL // こう #- [編集] []
>甚八くん

そーですね。
二度と会う可能性が限りなく低いって状況が
二人の雰囲気をより深いものにしてしまった気もします。

って、一気に読んじゃったんですか?
まっ…(////)
テレマスナァ…( = =) トオイメ

こんなブログにお付き合いいただけてるだけでありがたいのに
ブックマークしていただけるなんで
(人-)謝謝(-人)謝謝
こちらにもぜひ載せさせてもらいますね。

これからもよろしくお願いします。

>KAWORUくん

まっ…(////) 恥ずかしい状態だなんてw。
そろそろ下半身の微妙な変化を隠しにくくなりますからねぇ。
とりあえず日本代表としてランキングを下げるような
試合にはならなかったのでは…と思っておりますw
いい思い出にしてもらえたらなによりです。
ボクハ イッショウ ワスレルコト デキナイッスカラ…

>こうさん

でしょ~~っ。
部屋に入れてもらって最初にした決意が
「よしっ。今日は聞いちゃるぜぃ!」
だったっすからw
もうその台詞を聞けただけでイっちゃったみたいな感じで
\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!
って感じでしたw

巨大なモノをいれてしまった一志の身体は
もう普通の大きさでは満足できなくなって…
ってオイッw
らいだぁぁぁぁ きーっく! \\(0\0)┌θ☆(#/__)/グヘッ

何故か次のお昼にカレーを食べてしまった自分を心底憎みましたよ。
全治2日でした orz
【04.21】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
Kissが心に・・・
素敵ですね! わかります。
なんであんなにKissはいいんですかね?
あたしが外人さんとの時は、そりゃ~甘い言葉でしたね(*^_^*)
ビルーティフ~みたいなね!
【04.21】 URL // kiki #- [編集] []
>kikiさん

ほんと、kiss上手ですよね。
多分日常生活の中で使う頻度が日本人に比べて
高いのも理由の一つじゃないかと思ってます。
甘ぁ~い言葉はなかったですね。
言葉といえばナニゲに地元の方言を使いこなししていたのが
印象的でした。
【04.23】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
時系列に 旧い方から読んで来て、コメントは 最後まで読んでからと思っていましたが、此処まで読んで もう我慢できずに書きます。いや カキました。濡れるどころで無く 垂れ流して、最後に一緒にイキたくなり 出すモノを出して読むのを締め括りました。男同士でも このようなお互いの気ばたらきは堪りませんね。お相手の 優しさ逞しさもさることながら、一志さんの主観描写の鋭さと距離感…、その夢現の感覚的な世界と それを離れて味わうことで一層深まる刺激…、その間を揺蕩(たゆた)う 蕩けるような快感が良く伝わって来ました。世の中には こんな世界があるんですね…。 
【07.31】 URL // youkou #W9meLlU. [編集] []
>youkouさん

ご無沙汰です。
がぁ~っと読んでいただけたんですね。
ありがとうございます。

youkouさんの全力のお褒めの言葉に金玉があがる思いですw

自分が書いたものってなかなか読み返す事ないんですが
久々に読んで見てこっぱずかしくなりましたw

youkouさんの言い回しって結構好きなんで
今度マスターしに行きますねw
また、よろしくお願いします。
【08.02】 URL // 一志 #1wIl0x2Y [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/191-30318d64
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。