FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
別れ際の言葉は?
見た目の風貌から想像できるエッチとは
まったく違っていたもんで
プロフの考察も重要だけど
どんなエッチをするのかってのが
もっとわかるといいのに…って感じですよね。

でもそればっかりは肌を合わせてみないとわからないもので…。

3部作完結編です。
前の2編はこちら↓
『掲示板のプロフに考える』
『アニキ風まぐろ仕立て』


『ちっきしょ~、ほんとに食ってやる!』

と心に誓った僕が宣言した台詞は

「ねぇ、入れていい?」

(マッタク ドコマデ インランヤネン)

「う、うん…」

(ソリャ トマドウワナァ)

でも、彼のペースに合わせてたら
合体までどのくらいの時間が必要かわからない。
騎乗位から合体を覚悟して
いきり立ちっぱなしの彼にゴムを被せる。
途中まで被せたら後は彼に任せて
自分はローションで準備。

(マタ コノテンカイカヨッ)

「大丈夫?」
そんな台詞を合図にした僕だったが
意外な展開が待ち受ける。

ベッドの上で足を伸ばしたままゴムをいじっていた彼だが
僕の台詞を合図に体勢をかえてきた。

『なになに?正常位から合体してくれるってこと?』

やっと自分から動き出してくれた彼のペースを
乱すわけにはいかない。
騎乗位から合体の気分は置いといて
正常位から合体の体勢で待つ。

ここからは彼にお任せでいいのかな?

そんな疑惑も持ちつつ受け入れる。
少々手こずってしまっているところをみると
あまり入れた経験が無いようにみえ
そう考えれば今までの流れも理解できる。

でも、腰の動きは本能のはず(笑)
誰に習うわけでもない
DNAのまま動いてくれればそれでいい。

彼の本能が動き始める。
仁王立ちで僕に咥えさせていた彼が本能だと願う。

僕の体温を確かめるようなゆっくりとした動き。
腰の動かせる幅も確かめていたのだろうか。
徐々にそのペースが上がってくる。

二重の彼の瞳からは快感を貪る意思が伝わってくる。
僕が見ているのに気がつくと
強い視線で見つめ返してきた。

快感とは違う感情が湧き上がってくる。
彼の瞳は僕の大好きな瞳。
頑固で意思の強さが感じられる瞳に
その感情が恋愛の感情だと気付く。

一気に快感が増してくる。
いままでの不満が一気に吹き飛ばされ
彼を身体の中で感じ始める。

二人が一つになっている瞬間に堕ちていく。

強く腰を打ち付けてくる感触に彼を感じ
自分からこみ上げてくるものに気付く。

下から見上げる彼は
空を見つめて二人がつながっている部分から伝わってくるモノを
一心に感じ取っているように見える。
そして僕からの目線に気付く。

「どうした?」

強い瞳が一瞬優しい表情を見せる。

「うん、もうイキそう」
「よし、イっちゃえ」

そう告げると僕を扱き始める。
荒々しく掻きあげられる僕のイチモツ。

「あぁ~っ、もうダメッ、イっちゃう!」

そう告げると一気に噴き出した白い種達。
僕が出し終えたのを見届けた彼は
優しい瞳をして口を開く。

「気持ちよかったかい?」
「うん」
「そっか、俺あんまり上手じゃないからさぁ」
「そんなことないっすよ、気持ち良かったよ」

そんな会話に嬉しそうな表情に変わる。
彼はゆっくりと僕から自分自身を抜き取ると
ティッシュを渡してくれた。

「ふ~っ」
大きく息を吐いて横たわる彼。

さて、ここから「ピロートークタイム?」
なんて希望があったのですが
「腕枕タイム」すら訪れず
オリンピック中継を見ながら雑談。
しかも別々に寝そべって…。

(ソレハ チト カナシイ…)

そのまま眠りについた二人は
第2ラウンドに突入することなく
つつがなくお別れタイム。

彼にアドレスを聞かれたら言おうと思ってたのですが
聞かれることもなく the End。

別れ際の最後の言葉は

「じゃあ、バイバイ」

(「マタネ」 ジャ ナイノさっ)

縁があったらどこかで会うことになるでしょう。

しかしこの流れはいつまで続くのやら…。

【2006.03.09】 エロ // COMMENT(6) // TRACKBACK(0)
Good bye. は永遠の別れのニュアンス、
Bye bye. は短期間の別れのニュアンス、
があります。なので、「バイバイ」は「またねっ」と同義に解釈しましょう(^^;
人間、前向きに行かなきゃね!!
【03.09】 URL // てつや #pvRH3EHA [編集] []
彼の瞳から色んな感情を読み取って
愛しさがこみ上げてくる辺り、
ああ分かる分かるって思いながら読んでたよ。
一緒に快感を得ようとしてるときの
一生懸命な表情とか気持ちって
切なくなるほど愛しくなって、ドンドンサービスしたくなっちゃう(笑。
【03.10】 URL // レン #- [編集] []
切なく拝見いたしました。カラダと恋愛は微妙なもので、今だからしかないジブンを大事に頑張りましょう。運命の人に出会えたらラッキーだなあ(^-^)
【03.10】 URL // kanon #- [編集] []
>てつやさん

そ、そんな意味がありましたか…。
ちゃんと英語の勉強をしていなかった事が
ばれちゃいましたね。
| 電柱 |。\) )))) ハズカシイ

そうですね。
前向きにいきましょう。

>レンさん

『愛しさ』ってかなり好きな言葉です。
瞳や表情から感じてしまうその思いに
クラクラきてしまう事あります。
一瞬彼に惚れてしまった自分がいました。
久々の一目惚れだった気がします。
でも、翌朝にはその思いも夢の中に置いてきてしまったようです。

>kanonさん

SEXをしてる最中に一瞬
『あっ、この人かも…』
って思ってしまったんです。
惚れてしまった自分と抑制しようとする自分。
そんな2人が心の中で言い争いをしてるような
そんな夜でした。
『運命の人』かぁ…。

【03.11】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
決め手は 眼なんですねぇ…。
【03.13】 URL // youkou #W9meLlU. [編集] []
そ~ですね。
やっぱり眼だと思います。
なんにしても、『眼』から伝わってくるものって
言葉以上にあると思うんですよね。
あの眼を思い出すと未だにぞくぞくする自分がいたりします。
【03.14】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/169-f44dbc10
CALENDER
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。