FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
別れの数だけ出会いがある訳か…
『出会いの数だけ別れがある』
ってよく聞く言葉ですが
出会ってから別れるまでが早すぎな一志です。

そんな事を繰り返していると
昔やった事のある人と出会うこともある訳で
それはそれは結構気まずいもんです。

向こうも見ない素振りをしてくれればいいのですが
目が合ってしまってもなかなか挨拶すらできなかったりします。

逆に悪い気はしなかったものの
なんとなく音信不通になってしまった相手なんかと
やりたくない気分の時に会ってしまっても
結構微妙な感じになってしまいます。

あの日もそうでした。


出会ったのはHくん。
なれそめはこちらから↓

『出会いは偶然』
『CARSEX』
『ハイテンション』
『ハイテンション(続き)』

いつも行く銭湯に行った時の事。
仕事に疲れてしまい、目の保養を兼ねて
銭湯に行く事にしたんです。

出会いが目的じゃなかったから
掲示板には書き込む事はしなかった。

他の人の書き込みはあったんです。
確かにどんな人が書き込んだんだろうって
好奇心はあった。
プロフィールをしっかりチェックして
早速風呂場に乗り込んでいく。

一番大きな浴槽でちょっと温まってから
露天のジャグジーに移動。

ブクブクと湧き出る泡に揺られながら
『はぁ~っ』
なんてオヤジくさい入り方をしてた。

淵の岩に置いたタオルの上に頭を乗せて

ゆらゆら…

ゆらゆら…


誰かが入ってきた。
いつもなら目を凝らすようにしてチェックするのに
湯気で見えにくいのもあって
ちらっと見ただけでまた目を閉じて

ゆらゆら…

ゆらゆら…

と、足に何かが触れた。
気のせいかと無視していたのだが
どうやらそうじゃないらしい。

明らかに意識を呼ぶような触り方。

目を開けてその主を探す。
正面に入ったもんだと思っていたその主は
いつの間にか隣にきているじゃないか。

「一志くん、久しぶりっ!」
屈託のない笑顔を見せてくれるHくん。
「おぉ~っ、久しぶりじゃん。元気にしてた?」
「うん、元気だよ。そっちは?」
「だめぇ~、くったくた」
「そっかぁ…」

当たり障りのない会話

(ナントナク サソワレソウナ ヨカン)

「どう?最近のこっちの調子は。」
なんて言いながらチ○ポを触ってくる。
「まぁ、ぼちぼちかなぁ」
「また、メールくれたらよかったのに」

『嬉しい事言ってくれるじゃん』
でも、疎遠になってしまった理由がある。
それは彼が転職して勤務時間が大きく変わってしまった事。
なんでも新聞配達並みの速さの時間に起きて
夕方前には帰ってくるそうで
僕の活動時間とはまったく違ったものになってしまったのだ。

さすがに22時くらいにメールして
『いまからやらない?』
って言ってもまずムリ。

そんな理由から正月に来たメール以来
連絡を取ることはしてなかった。

いや、一度あったか。
でも、案の定ダメだったんだった。
それがわかったのも翌日だったんだけどね。
もうすでに寝てて気付かなかったらしい。

って感じだったHくん。

「今日はどう?いい人いた?」
って聞いてみる。
「ダメだねぇ。書き込みの人もわかんないし…。
 一志くんこの後どう?」

(やっぱりそうきたか。)

「うぅ~ん。明日も早いしなぁ…。」
「じゃぁ、とっとと上がってささっとやろうよ」

(そんな積極的だったっけ?)

ちょっと考え込んでると
「いいじゃん、ねっ。」
「うっ、うん」

(やっぱりオシに弱いのね…)

「でも、今来たばっかりだからもうちょっと入りたいな」
「いいよ。ペースは任せるよ」

そう言ってもらって
お湯に浸かりながらいろんな話をした。

(モチロン イケメン チェックモ ネッ)

途中話をやめて身体を洗ったりしながら
とりあえず払った銭湯代くらいはしっかり元を取って
最後は水風呂でシメ。

『じゃぁ、そろそろ出よっか…』
って事で僕の車で移動する事にしたんです…。

(「誤爆寸前」に続く…)



























ケツ

見付けられちゃった画像(笑)
【2006.03.01】 エロ // COMMENT(4) // TRACKBACK(0)
この大臀部も一志くん?

キレ~イ!完璧!

と、いうことはTopページの
”白の拳銃パンツ”も一志くんなんだ

エロっ!

暗闇・銭湯・公園・・・で、もてまくるのも
むべなるかなだね。

サンダーバードに飛び乗るぞ~ぅ(笑)
【03.01】 URL // たかし #- [編集] []
画像見たら一志さんが誘われるのも分かります。
デブ専の人には無理かもですが、一般的には素敵☆って感じですよ
おんぶしてもらいたいです! えっ?

Hさん話楽しみにしときます!
【03.02】 URL // kiki #- [編集] []
腰と背中の境目のところが
すんごくいやらし。。
めちゃ可愛いデザインだね。。

H君、てHだよねー。
前の記事を読んでても
そう感じたんだけど、いや、みんな
Hなんだけど、なんつうか
小悪魔的にHじゃない?
そんな気がしたっす。
【03.03】 URL // レン #FsQlnSOY [編集] []
>たかしさん

そうなんです(汗。
拳銃とその的って感じで関連付けてみたんですけど
自分で両方穿いてちゃダメっすよね(笑)
オシリは弛んできちゃうんで
あるある大辞典でやってたトレーニングを
こっそりやってたりします(笑)

>kikiさん

ほんと?
でも、脱いだら大した事ないかもよ…。
おんぶならいつでもやりますよぅ!
でもそぉ~っと乗ってね
飛び乗ったらつぶれちゃうかもしれないからさ(笑)

>レンさん

可愛いっしょ!
これも『TOOT』ってメーカーのヤツなんです。
しかもなにげにエロさもあっていいんっすよね。

Hくんはレンさんの予想通りです(笑)
小悪魔的なエロのHくんと
フェロモンのようなHな僕とで
相性良いのかも…。

【03.03】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/165-249e6e67
CALENDER
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。