FC2ブログ
30過ぎてはまってしまったゲイの世界。 エッチの経験値があがるように、恋愛の経験値もあがるのか。
 ランキングサイト

FC2ブログランキングバナー

ランキングに参加しております。よかったら『ポチッ』っと押してやって下さい。
 最近の記事
 プロフィール
 全記事(数)表示
全タイトルを表示
 月別アーカイブ
 カテゴリー
 リンク
ブロとも申請フォーム
 FC2カウンター
 閲覧してくれてる人数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
 カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
境遇
そんな出逢って2回目の夜を過ごしてから
メールが増えてきた。

『逢いたいよぅ』って内容だけじゃなくって
英さんの近況を教えてくれる感じのメール
かなり英さんの距離が縮まってる雰囲気が伝わってくる


でもまだ『ど~しよう』って感じ

本気にはなりたくない
いや、本気になっちゃいけないって思う

僕の境遇は、それを許しちゃいけない
本気にはならない『一夜限りの恋』
そんな夜にお互いが快感を感じれればそれでいい
そう思ってずっと『やって』きた

そんな夜に飽きていた事は間違いない
エッチに対する興味は満たされてきたから…
まだ知らぬ快感がある事はわかってる

ウナギや掘り合いやSMなんかが、そう

でも、見知らぬ快感よりも満たされる事がある事も知ってしまった
お互いの気持ちが通じ合うSEX
それにはどんなプレーも敵わない

そんなSEXに対する憧れは日に日に大きくなってる
それも事実

でも、それは叶わない願い
いや、叶えちゃいけない願い
わかっているんだ
でも心が、身体がそれを望んでる

男性と身体を重ねる事を決めた日
初めてケツを気持ちいいと知った日
自分に好意を持ってくれた男性に告白された日
出会った男性に心を奪われそうになった日

その度に心に誓ってきたはずなのに…

英さんからの想いに引っ張られるように
英さんへの想いは日に日に強くなる

「もう逢わない方がいいのかも…」
って思った日にメールがきた

『一志ぃ、また逢いたいよ
 時間できたら連絡ちょうだいね』

僕の予定がわかってるみたいなタイミングのメール
『一緒にご飯でも行きましょうか』
そんな返事を書いて送信した

なんとか良いお友達関係に持ち込みたかったのかも
そんな思いを持ってるなんてしらない英さんからは
『じゃあ、僕のお気に入りの店に行こう』
ってノリノリの返事が返ってくる

もう動き出した
流れに身を任せるのも一つの作戦
『あたってくだけろ』
ってのは好きじゃない
だって、砕けてしまっては何も残らないから
(ホントはそんな意味じゃないかもしれないけどね)
でも、その日はそんな思いで待ち合わせ場所に向かったんだ



(『口唇』に続く…)

複雑なりにゃん・・・
本当タイミングよく電話とかメールとかしてくる人っているよね(特に好きな人に距離を置こうとした時)

紅白みのさんはいいほうだと思いましたよ! まぁ決まり事がいっぱいあるみたいだかあら大変だったみたいだけど・・・ 前川清のボケは笑った(^_^)
【01.05】 URL // kiki #- [編集] []
まずは、前回のコメントから・・。
ちょっと、バカ言ってんじゃないわよ!(細木風にね)

>同年代と思ってたごんたさんとレンさんの・・・

って、同年代じゃないの!
あんた三十路でしょ?(笑。
一緒じゃないの!(笑笑。
段々ハリが無くなって
脂が乗って
切れが悪くなるのよ(笑笑笑。
でもね、みんなそれを
隠して生きてんのよー(笑笑笑笑。
みんな三十路なのよ!永遠に(爆笑。

さて、おふざけはこの辺で。
今日の本題。
わかるわー、めっちゃ分かる、
その気持ち。
俺がそうだったもの。
あかん、惚れたらあかんって
思えば思うほど、どんどん向こうが
アピールしてきて。
最後、無理やり開けてはいけない
扉をこじ開けられて・・。

うん、どうなっていくんでしょう?
心配です・・。
♪そうね、世界中が他人事なら
傷つかずに過ごせるけど
心ごと生きて行きたくて・・・

おや?俺さっきもこの歌詞を
どこかで書いたような・・ん?
【01.05】 URL // レン #- [編集] []
ちょっと考え込んでしまってるんです。
そうそう上手くはいかないもので…。

みのさんねぇ、一志の家では評判悪かったんです。
僕もそう思ったんだけど
『しゃべろうとしすぎっ!』って感じでした。
お昼はあれでいいんだろうけど
予定調和の紅白では生かしきれないよね。
【01.05】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
検索かけてやっとたどり着いたその歌詞。
昔はよく聴いたはずなんだけど
もう、フレーズすら思い出せないよ。
袴をはいて歌ってた歌くらいしか思い出せない。

でも、よく読んでみるといい歌詞だね。
あの頃にメロディーしか聴いてなかった事を深く反省。

>無理やり開けてはいけない
扉をこじ開けられて…。

そう、まさにそんな感じ。
でも、まだ反対側でドアのノブを必死に引っ張ってるの。
向こう側には何があるのやら。
『楽園』が待ってるのかなぁ。

♪満たされた時間の中で
 僕らは何が出来るだろう
 遥か遠いあの記憶を抜け
 僕らは何処へ行くのか♪
【01.06】 URL // 一志 #JalddpaA [編集] []
その楽園の歌詞は切ないッすね。
いま、ぶわーってこみ上げてきた。

ドアを開けた後でも
葛藤は続くわけだよね・・。

俺達どこへ行くんだろうね?
【01.06】 URL // レン #- [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://kaznosukima.blog24.fc2.com/tb.php/124-98967ca9
CALENDER
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 コメント
 掲示板付けました

『もっと隙間』

コメントに書きにくい事ありましたら こちらまでどうぞ。
 ブログスカウター

 QRコード
Copyright © 2005 一志の隙間 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。